ホーム | 日系社会ニュース | 厚生ホームに「唱歌部」誕生―「五木の子守唄」など練習―部員11人、69~97歳―表情生き生き

厚生ホームに「唱歌部」誕生―「五木の子守唄」など練習―部員11人、69~97歳―表情生き生き

10月4日(土)

 ♪「おどま盆ぎり 盆ぎり 盆から先ゃ おらんど 盆が早よもどる」――。平均年齢七十九歳の唱歌部がサントス厚生ホームに誕生した。合唱グループ白埴(オルガ・キリュウ代表)の創立者、高橋知子さん(七六、旧満州国出身)の主導によるもの。入所者十数人が参加している。発声でストレスの発散なると、施設側の期待も大きい。練習風景をのぞいた。
 三日午後、三時前。入所者が居室からサロンに降りてきた。六十九歳から九十七歳までの十一人。視力に問題を持つ人や痴呆のあるお年寄りも。
 この日、「ふじのやま」、「四季の歌」、「うみ」など唱歌中心に七曲を歌った。幼い頃に聞き親しんだ曲だけに、入所者たちも歌いやすそう。表情も生き生きとしている。
 高橋さんは「みんなが楽しく歌うことが大切。音程をはずす方もいらっしゃいますが、そんなことは構いません」と発奮を促す。
 練習は四回目になる。「この前は『五木の子守歌』を音を二度下げてやったけど、今日は音を下げないで歌えた」と実力も上向きのようだ。
 「思い切り声が出せて楽しい」と入所者から好評を博す。
 高橋さんは二カ月ほど前に、厚生ホームに入った。グループ白埴が来月二十二日に慰問することになり、入所者から合唱の指導を頼まれた。
 五~六人集まれば、唱歌部をスタートできると考えていたところ、十人以上が希望した。慰問当日が初舞台になる。独唱を志願する入所者も出た。
 斎藤ホーム長は「お年寄りの表情が明るくなった。健康増進に役立っています」と入所者の〃若返り〃を喜んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(2)2021年5月7日 安慶名栄子著『篤成』(2)  私は安慶名栄子から、この本を沖縄の親戚の皆さんに父の足跡を知って頂きたく日本語に翻訳したい、という相談を受け、早速宮原ジャネ朋代にお願いして出来上がった翻訳文を一気に読みました。いや、引き込まれるように読み続けずにはおれませんでした。読み終わって後も感動の波が私の胸の中に波打 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 『篤成 俺は世界一幸せな爺さんだ』=無名の英雄物語、掲載開始2021年5月6日 『篤成 俺は世界一幸せな爺さんだ』=無名の英雄物語、掲載開始  本日から新しいノンフィクション小説『篤成(あつなり) […]