ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

11月14日(金)

 カップル殺人事件で、五人目の容疑者〃ペルナンブーコ〃(三二)が十三日未明、パライーバ州行きのバスの中で逮捕された。これまでに、同容疑者が殺人に使った銃器を持っていたバーロス容疑者(四八)、隠れ家になった別荘管理人、アギナウド・ピーレス容疑者(四一)、未成年者のR容疑者(一六)の四人が逮捕されていた。ペルナンブーコは、顔や首、胸などについたひっかき傷の治療にサンパウロ市南部の病院を訪れていた。これは、殺されたリアーナさん(一六)が、死に際に必死に抵抗した時につけた傷ではないかと警察はみている。
     ◎
 サンパウロ州水道局(Sabesp)は、カンタレイラ貯水池で節水態勢に入った場合、どのように断水・配水が行なわれるかを説明している。同貯水池から配水される大サンパウロ市圏を三つに分け、順に配水と断水を繰り返すもよう。断水期間は不明。当局は節水に入る前に、降雨を待つ姿勢でいる。
     ◎
 オザスコ裁判所は十一日、SBT司会者のググー・リベラートさんを被疑者として認めた。リベラートさんは九月、テレビ番組『ドミンゴ・レガル』で犯罪組織PCCメンバーと会見した場面を放映した。これが〃やらせ〃と判明。恐喝、映像偽造などの罪に問われていた。リベラートさんは人身保護法の適用で、告発を免れていた。弁護士は同裁判所の認定を撤回することは可能としている。
     ◎
 サンパウロ州立交通局(Detran)は十三日、一万八千八百九人の車の免許が停止になったと発表した。対象となったのは大サンパウロ市圏、サントス、カンピーナス、インダイアトゥーバの三十九都市。免許停止となった人のうち、六千人はサンパウロ市在住者。交通違反が二十点を超えると停止となる。停止期間は一カ月から一年。免許再発行には一カ月、二十時間の講習を受けなければならない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺2018年5月11日 《リオ市》マリエーレ氏殺害=容疑者は殺人容疑で収監中=やはり車で追跡後に射殺  【既報関連】3月14日にリオ市中央部で起きた、マリエーレ・フランコ市議(自由社会党・PSOL)と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件で、首謀者の一人と名指しされた元軍警のオルランド・デ・アラウージョ氏は、同件と酷似する殺人事件関与の疑いで逮捕中と9、10日付現地紙サイトが報 […]
  • 《ブラジル》テメル大統領=コロンビア大統領と会談=ベネズエラ人流入問題で=ロライマでは同国人排斥も=殺人事件で状況が更に悪化2018年3月22日 《ブラジル》テメル大統領=コロンビア大統領と会談=ベネズエラ人流入問題で=ロライマでは同国人排斥も=殺人事件で状況が更に悪化  テメル大統領とコロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領が20日、ブラジリアで首脳会談を行い、ベネズエラ人の大量流出(両国にとっては大量流入)がラ米諸国に混乱をもたらしているとの認識を明らかにしたと21日付ブラジル国内紙が報じた。  ベネズエラでの政治的、財政的、 […]
  • 東西南北2018年2月17日 東西南北  今年のリオ市カーニバルのスペシャルグループのパレードが政治や社会を痛烈に批判した異例のものであったことは既に報じたが、その直後に、連邦政府による治安維持のための介入が起きることになったのはなんとも皮肉だ。ベイジャ・フロールやツイウチのパレードはリオ市の現在の混乱をまさしく表現 […]
  • リオ市=格闘家と医大生を逮捕=路上生活者の女性殺害で2017年11月17日 リオ市=格闘家と医大生を逮捕=路上生活者の女性殺害で  10月18日にリオのコパカバーナで起こった路上生活者の女性殺人事件で、リオ市警は14日、総合格闘家と医大生の2人を殺害容疑で逮捕した。16日付エスタード紙が報じている。  殺害されたのはフェルナンダ・ロドリゲス・ドス・サントスさん(40)で、10月18日にリオ南部コパカバー […]