ホーム | 日系社会ニュース | 在日ブラジル人子弟=大学進学への険しい道=日本当局の最終決断待ち

在日ブラジル人子弟=大学進学への険しい道=日本当局の最終決断待ち

1月7日(水)

 日本の大学に通いたい――。日本でブラジル人学校に通うブラジル人子弟たちが大学進学を志している。しかし、日本より一年間教育年数が少ないこともあり、同校卒業者には、現状では日本の大学を受験する資格が認められていない。日本在住ブラジル人を取り巻く教育問題について、先月二十七日付、インターナショナル・プレス・オンラインが報じている。
 在東京ブラジル大使館のアウフレッド・レオニ参事官は、「法律により、日本政府の認可がない学校を卒業した学生は、大学入試の誓願ができない」とし、そのため、ブラジル政府は日本の文部科学省と討議を重ね、ブラジル人学校を卒業する生徒を保証する策を練ってきたという。
 同参事官は、「官僚間の話し合いはもうできている。後はただ、日本当局の最終決断を残すのみ」と説明、教育に関する同意書が交わされれば、ブラジル教育省が認可したブラジル人学校卒業生には、日本の大学を受験する資格の認可が自動的に下りるようになる、としている。
 ブラジル人学校生徒の高等教育に関しては、東京の私立上智大学(ソフィア)が一九九九年から、コレージオ・ピターゴラス生徒の受け入れを認めた。しかし、授業料や住居費などが高く、まだ一人も入学していないらしい。日本ブラジル学校協会のペドロ・メンデス会長は、「生徒たちの日本の大学への入学に関する正式認可は、歴史的道標になるだろう」とコメント、「地域の大学が生徒たちに入学の機会を与えてくれるだろう」と期待を寄せている。
 静岡県浜松市在住、ブラジル学校七年生のジゼレ・カナシロさん(一四)は、毎日、家庭での日本語学習に励んでいる。「日本の学校に一年から五年まで通った。私の漢字と文法の知識は完璧」と語る。家族には、すぐにブラジルへ帰国する気配がなく、日本での大学進学を夢見ている。ジゼレさんは、「大学の卒業証書があれば、仕事の選択範囲も広がり、仲間をもっと助けることができる」と、同意書の署名を待ち望んでいる。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」2018年12月14日 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」  「日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深め、日本と現地日系社会との懸け橋となる人材を育成する」ことを目的とし、7月から施行された日系四世受入れ制度。開始から5カ月経ったが、同制度による査証発給数は1桁を超えていないようだ。来年3月までに4千人の日系 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]