ホーム | 日系社会ニュース | 懐かし!移民船=―旧神戸移住センターで模型展―「思うだけでも悲しく声も出ない」=展示15隻「戦没」

懐かし!移民船=―旧神戸移住センターで模型展―「思うだけでも悲しく声も出ない」=展示15隻「戦没」

1月9日(金)

 神戸市の旧神戸移住センター(国立海外日系人会館をめざしている建物)で移民船のモデルシップ(船の模型)展示会『黄金期の移民船』が開かれている。同市の同好会「モデルシップ友の会」(田嶋昭三郎会長)の会員たちが、紙で製作したもの。船はすべて大阪商船(OSK、現商船三井)に所属していた十五隻。
 移民船は最も古い一九〇〇年の「笠戸丸」建造から、一番新しいのが一九六二年の「さくら丸」。当初、移民船は客が従で貨物が主であった。尤も、移民は片道切符しか持っていなかった。往路は人と荷物が積載されたが、復路は貨物のみだった。
 船の体裁も一九三九年に建造された「あるぜんちな丸Ⅰ」と同型船の「ぶらじる丸Ⅰ」あたりから、変わった。速度がアップ(笠戸丸は一四・四ノット、あるぜんちな丸Ⅰは二一・五ノット)、船体も内装もぐんと豪華になったという。
 一番全長が長いのは「ぶらじる丸Ⅰ」で百六十七メートル、総トン数がもっとも多いのはやはり同船で一万二千七百五十二トン。
 展示十五隻のデータのなかに「戦没」がある。さきの大戦で撃沈されたのである。三分の二にあたる十隻が戦没である。昭和十七年(四二年)から二十年(四五年)の四年間に海に沈んでいる。神戸の展示関係者は「思うだけでも悲しく、声も出ない」といっている。戦没の船名をあげておこう。
 笠戸丸、ぶらじる丸Ⅰ、らぷらた丸、もんてびでお丸、りおでじゃねいろ丸、まにら丸、あふりか丸(一九年建造)、ありぞな丸、ぱなま丸、報国丸。
 模型の大きさは実物の二百分の一、精巧に仕上げられている。モデルシップ友の会のメンバーは、船会社とか関連の会社に関係のある人たちではない。いろいろな職業の二十五人のグループだ。田嶋会長は「戦前の日本の優秀な船の姿を模型の形で残せたらいいな」との思いを込めてつくり始めたという。始めてから十五、六年。細かい作業だけに肩が凝るようだが、作るのが趣味だからそう苦にならない。一隻をつくるのに二カ月から三カ月かける。「日本は海洋国だけに、船に関心を持ってほしい」と念じるという。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 明治維新と日本人移民=(独)国際協力機構理事長 北岡伸一=(下)2018年6月23日 明治維新と日本人移民=(独)国際協力機構理事長 北岡伸一=(下) (4)日系人と日本  150年の時を経て、全世界で約360万人の日系人がおられます。  150年の間には、ハワイ生まれの日系二世、米国日系人初の上下両院議員となり、50年近く上院議員を勤められていたダニエル・ケン・イノウエ議員を始めとして各国の政界、学界、企業、スポーツ界、 […]
  • 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席2018年5月1日 兵庫=日本側で移住110周年=出発の地神戸で記念式典=日伯関係者が170人出席  日本側での日本移民110周年記念式典が、第1回移民船が出港した4月28日に神戸で行なわれた。笠戸丸は1908年4月28日に航海に旅立ち、6月18日にサントス港に着いた。そんな日本側の110周年にあたる4月28日に、一般財団法人「日伯協会」(三野哲治理事長)は神戸海洋博 […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]