ホーム | 日系社会ニュース | 日伯音楽交流史を本に=坂尾氏がコーディネーター役で参加

日伯音楽交流史を本に=坂尾氏がコーディネーター役で参加

1月9日(金)

 親日派音楽家ジョルジ・カヌートさんが提案した、日伯音楽交流史を一冊の本にまとめるプロジェクトが、このたび文化省のルアネー法(Lei Rouanet文化投資免税法)で認可された。「商業ベースとは関係のない、公平な日伯音楽交流史として記録する意義がある」。ブラジル音楽を日本に紹介したパイオニア、坂尾英矩(ひでのり)さんは、そう力説する。
 このプロジェクト名は「BANZAI BRASIL」。約二百ページの音楽CD付き、日ポ両語の本となる。サンバやボサノヴァが日本に普及するきっかけとなったアーティストたちの証言を、ベテラン著述家のムリロー・リスボアさんが取材する。七月には刊行予定。主な取材対象となるのは、六〇年代、七〇年代に渡日したアーティストたち十五人。
 坂尾さんは同プロジェクトのコーディネーターとして前書きを執筆したり、訪日した音楽家のリストアップや、今までに集めた膨大な資料の中からポスターや写真などを提供する予定。
 坂尾さんは言う。「日本人の移住は百周年になろうとしているが、音楽面での交流は遅れて出発した。日伯の音楽交流はボサノヴァから始まったと言ってもいい。特に一九六〇年以降、ブラジル音楽に興味を持つ日本人は大変増えた。その交流を支えたアーティストたちの功績を記録するのは、今しかない」。
 坂尾さんによれば、最初に訪日した有名歌手は〃サンバ・カンソンの女王〃と呼ばれたマイーザ・マタラーゾだった。一九六〇年、レアル航空が日本への初航行を記念して招待し、NHKのインタビューに答えて「一曲くらい歌っていたかもしれない」そう。
 日本で最初にボサノヴァのライブショーを行ったのは、六一年訪日のトゥリオ・タンバタジャだった。関西毎日放送に招待され、六カ月も滞在した。
 そしてクラウジアも六九~七〇年頃に訪日した。「歌手としては歴史上五本指に入る。エリス・レジーナと同格」と坂尾さんは評する。渡辺貞夫の全国ツアーに同伴し、当時のトヨタの新車CM曲まで収録したそう。「ブラジル人アーティストを日本人に親しませたパイオニアだね」という。
 その他、一九七〇年の大阪万博に招かれてボサノヴァを日本に広めたソーニア・ローザ。彼女は日本人と結婚し、以来三十年以上日本に住んでいるそう。オスニー・メーロ、ダミヨンなど日本に惚れ込んで住み続けている音楽家は数多い。
 提案者のカヌートさんは「この二月までにルアネー法に基づく企業からの投資を集めたい」と意気込んでいる。同法によって、企業が連邦政府に払うべき税金を、プロジェクトに投資することで免税となる。カヌートさんとの連絡は11・9767・6976、または11・3088・7737まで。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 日伯アーティストが楽曲コラボ=アマゾンの豊かな自然へ感謝!2021年5月4日 日伯アーティストが楽曲コラボ=アマゾンの豊かな自然へ感謝!  「風や水も、アマゾンから来たかもしれない。そんなことを考えるきっかけになればと思います」――ブラジルのサンバ・ファンク歌手ガブリエル・モウラ氏とのコラボ楽曲「Obrigado, […]
  • 長崎総会=カーニバルの原爆山車振り返る=活動休止、今年もコロナ次第2021年3月26日 長崎総会=カーニバルの原爆山車振り返る=活動休止、今年もコロナ次第  ブラジル長崎県人会(森繁親会長)は2月21日午後、「定期総会」をオンライン会議システム「グーグルミーティング」上で、日本語とポ語両方で開催した。  同県人会メンバー22人が参加。中には聖州プロミソン市に住む前田ファビオさんなども参加した。  総会は長崎県民歌「南の […]
  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]
  • 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒2021年2月16日 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒  新型コロナの感染再拡大でカーニバルの期間中も3密を避けるように指示している自治体が多い。その一つリオ市では、12日夜から14日未明までの2晩で14軒の店が営業停止処分を受けた。  例年ならカーニバル直前の金曜日からは観光客やサンバを楽しむ市民で賑わう同市だが、今年は […]