ホーム | 日系社会ニュース | 往年を懐かしむ=ヴィアジャンテ倶楽部親睦会=活動最盛期ほ50年代=奥地では貴重な情報源

往年を懐かしむ=ヴィアジャンテ倶楽部親睦会=活動最盛期ほ50年代=奥地では貴重な情報源

1月14日(水)

 メディアがまだ発達していなかった五十年ほど前。地方を行商して歩いたヴィアジャンテは情報伝達の担い手として活躍、地方在住者はもちろん、政治家や企業家に重宝された。現在そのほとんどが一線を退き、年金生活者となっている。相互の親睦を目的に組織されたヴィアジャンテ倶楽部(橋浦行雄代表世話人)は今なお、健在だ。十日、サンパウロ市内のレストランで開かれた親睦会には二十数人が出席、旧交を温めた。
 会が産声を上げたのは戦後、間もなくのこと。当時、勝ち負け抗争で日系コロニアは混乱していた。会員の九割は日本の敗戦を認識していたが、顧客の多くが戦勝派に属していたため、仕事上、表面的には勝ち組を装ったという。
 日系ヴィアジャンテは主に旧長谷商会や旧遠藤商会など輸入卸商と契約。ノロエステ、パウリスタ、ソロカバナ線などを回った。交通手段が発達してなくアラサツーバ(サンパウロから六百キロ)に出掛けるのに、「ルース駅を発ち、翌日の夕方に着いた」
 最盛期は五〇年代。約百人の入会者がいた。奥地では情報を得る媒体が乏しく都会のニュースは貴重なもので、ヴィアジャンテが到着すると在住者が集まってきたそう。
 地方票獲得に腐心する政治家や地方進出を狙う企業家も現地の情報を手に入れるため、ヴィアジャンテを利用。「親睦会を開けば、ウイスキーがずらりと並んだ」。出席者の一人は「コロニアではエリート階級に属していた」と胸を張る。
 昨年は寺田賢水さん(前代表世話人)ら三人が亡くなった。会員の平均年齢は現在、およそ七十五歳。八十歳を超えても現役を続けている人も数人いる。
 あいさつに立った橋浦代表世話人は、「あの頃は私たちにとって、最高の時代だった」と往年の勢いを懐かしんでいた。この日、野村丈吾元連邦下院議員が来賓として出席。ブラジル政治の現状などについて説明した。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民史料館=7階が1月に仮再オープン=皇室寄贈品、着物も展示へ=急ピッチで工事、協賛呼びかけ2019年1月4日 移民史料館=7階が1月に仮再オープン=皇室寄贈品、着物も展示へ=急ピッチで工事、協賛呼びかけ  「2月には7階部分が新装オープンします。旧年7月に再開館した8階部分と合わせて、ぜひ見に来て」――ブラジル日本移民史料館の運営副委員長の岩山明郎(としろう)さんは、そう薦める。眞子さまご来伯に合わせて新装開館した8階部分は、従来の展示品に加えて、大型モニターが多数設置 […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 勝ち負け巡るそれぞれの思い=二分したアサイ移住地=(1)=戦後25年「日本は勝った」2018年9月21日 勝ち負け巡るそれぞれの思い=二分したアサイ移住地=(1)=戦後25年「日本は勝った」  4大移住地のひとつに数えられ、戦後はコーヒーと綿花の栽培で栄えた北パラナのアサイ移住地。他の日系移住地と同様に終戦直後は、ほとんどの人が日本の戦勝を信じていたという。50年代なっても、戦勝を信じる「勝ち組」と敗戦を認識していた「負け組」が別々に団体を作るなど、双方の溝 […]
  • 眞子さま=移民史料館8階の再開館式へ=今上陛下開館、じっくりご覧に=同館40周年、トヨタ社60周年で2018年7月28日 眞子さま=移民史料館8階の再開館式へ=今上陛下開館、じっくりご覧に=同館40周年、トヨタ社60周年で  眞子さまは22日午前、サンパウロ市文協ビル内の移民史料館(西尾ロベルト運営委員長)を視察された。同史料館40周年、移民110周年記念事業の一環として、4月から改修工事が行なわれていた8階もこの機会にテープカットされ、初公開となった。  山下リジア副運営委員長が眞子さ […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]