ホーム | 日系社会ニュース | 消防トップの本へ=JICA研修、多忙な1週間

消防トップの本へ=JICA研修、多忙な1週間

1月16日(金)

 国際協力機構(JICA)の国別研修「消防技術・火災調査研究および防火公教育コース」にサンパウロ州消防軍警のジャイール・パッカ・デ・リマ総司令官、セウソ・エドゥアルド・ギデッテ補佐官の二人が参加する。研修期間は今月十八日から二十五日までの一週間、東京のJICA本部、東京消防庁などで行なわれる。
 研修では(一)日本の消防行政の概要(二)消防博物館、東京都生涯学習文化財団・本所防災館の視察(三)消防科学研究所、東京消防学校の視察(四)火災予防教育――などを予定。ジャイール総司令官、セウソ補佐官とも、日本は初めてという。
 一万人の消防署員を有し、一日当たり八百件の出動があるサンパウロ州消防軍警。ジャイール総司令官は、地震や洪水、森林火災など国・地域ごとの災害対策が必要とし、「大きな目的は消防科学研究所の視察。火災の原因を発見することが大切。実験や研究分野での技術や消防学校も興味深い」と語った。また、「まだ始まったばかりだが、日伯の消防員の交流にも務めたい」などとした。
 セウソ補佐官は、訪日について、「非常に楽しみしている」とし、日本の伝統や文化、経験に基づいた消防技術の研修に意気込みを見せた。
 JICA職員によると、東京の消防学校は世界で最も教育体制が進んでいると讃えられる一方、ブラジルには消防学校が二校しかなく、まだ、十分ではないらしい。「大都市のサンパウロで消防学校のマニュアルを作成すれば、全国に広がる可能性がある」と期待が込められている。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》「12レアルで買える贈り物」=11歳男児の求めに溢れる好意2021年5月13日 《サンパウロ州》「12レアルで買える贈り物」=11歳男児の求めに溢れる好意  「母の日」を前に11歳の男児がフェイスブックに掲載した「12レアルで買える贈り物」を探すメッセージが、多くの人の心を打ち、数時間の内に本人達が予想だにしなかったほどのプレゼントが届いたと10日付G1サイトが報じた。  メッセージの主は、サンパウロ州内陸部のバウルー市 […]
  • 《アマゾン》ヤノマミ族居住地を襲撃=マフィア絡みの違法金鉱夫ら=軍の掃討作戦後も続く抗争2021年5月13日 《アマゾン》ヤノマミ族居住地を襲撃=マフィア絡みの違法金鉱夫ら=軍の掃討作戦後も続く抗争  ブラジル北部ロライマ州の先住民居住地で10日、違法な活動を行っている金鉱夫(ガリンペイロ)による襲撃事件が起き、死傷者が出た。また、翌日は同件の捜査を行っていた連警捜査官らも銃撃されたと10~11日付現地サイトなどが報じた。  連警捜査官が襲撃されたのは、ヤノマミ族 […]
  • 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転2021年5月13日 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転  サンパウロ州地裁が、60歳から64歳の人の地下鉄やCPTM、バスの料金を再び無料にする判断を下した。12日付現地サイトが報じている。  地裁の決定は7日に行われていたが、12日にあきらかになった。11日にはサンパウロ市議会で、この年齢層の人たちの料金を無料にすべきとの公開討 […]
  • 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報2021年5月13日 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報  ゴイアス州アナポリス市で、生後6カ月の乳児に無数の傷がある事に気が付いた医師が、虐待を疑って警察に通報、市警が捜査を始めたと11、12日付現地サイトが報じた。  問題の乳児は10日にアナポリス市の救急診療所小児科外来に運び込まれたが、30カ所以上の傷がある事に気づい […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]