ホーム | 日系社会ニュース | 学移連=50周年に向け準備始動=世界のOBらと交信へ=メーリング・リスト=「夢・ベテラン」運用=移住者団体では珍しい試み

学移連=50周年に向け準備始動=世界のOBらと交信へ=メーリング・リスト=「夢・ベテラン」運用=移住者団体では珍しい試み

1月23日(金)

 ハイテク交信で五十周年を盛り上げよう――。旧日本学生移住連盟のOB会(日比野亘幹事)の新年会が二十日夜、リベルダーデ区のカラオケ居酒屋ポルケ・シンで行われた。来年創立五十周年を迎えることから、インターネットのメーリング・リスト「夢・ベテラン」を使って情報交換を緊密にする方針を発表するなど、独自の存在感を打ち出した。

 「来年の五十周年には日本から多数の来賓が予想されます」と日比野幹事は発表、受入れ体制などについての協力を求めた。それに対し、参加した約二十人は、盛大な拍手で歓迎の気持ちを表わした。今まで周年行事を行ってこなかった学移連だが、五十周年には大きな期待を込めている。
 第一回実習団十二人の一人として一九六〇年に来伯した大束員昭さん(おおつか・かずあき 六五 福島県)は昨年、南米関係のOB会名簿を作成し、ブラジルの八十四人、パラグアイの六人、アルゼンチンの三人などの連絡先を確認した。
 その時、「もっと頻繁に交信する機会が持てないだろうか」という希望が寄せられた。従来、サンパウロ周辺在住者を中心に顔合わせ行事は行われてきたが、OBは全伯どころか日本や南米全域、カナダ、アジア諸国にもいる。国境を越え、なおかつ簡単に交信できる方法とは?
 そこで、大束さんはインターネットのメーリング・リスト(以下ML)を使うことを考えた。MLとは、電子メールを入会者全員が同時受信するシステム。例えば、何か全員に伝えたいことがあれば、ML宛てにメールを一通発信すれば、自動的に入会者全員に同時に届く。
 商工会議所などの新来日本人の多い団体や、二世三世の若者が中心の団体では、すでにMLはよく知られたシステム。だが、パソコン利用を前提とするため、今のところ移住者中心の組織で運用しているところはほとんどない。その意味では画期的な試みともいえそう。
 昨年十一月十六日からML運用を始め、ブラジル在住者を中心にアルゼンチン、パラグアイ、日本の学移連関係者十九人が参加している。一月十日にOBの一人、パラー州モンチ・アレグレ植民地の岸靖夫さん(農場経営)が亡くなったことも、MLを通して瞬時に伝えられ、みなを驚かせた。
 同MLの名前は「夢・ベテラン」。大束さんは「夢を持って学生時代を過ごしている人が、今ベテランになってどういう夢を見ているか? という意味を込めました」と命名の理由を説明する。
 現在のところ、OB中心のMLとなっているが、「これから先は学移連OBだけにこだわらず、世界各地で専門分野のベテランとして活躍しておられる皆さん方が、電子メールを使って楽しく同時交信できるようになれば」と大束さんの夢は広がる。
 今回の新年会で参加を呼びかけた結果、新たに九人が加わった。学移連関係者で参加したい人、もしくはこのシステムに興味のある人は大束さん(o.kazuaki@uol.com.br)まで電子メールを。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を2020年9月15日 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を  「そうあってほしい」―8月31日に東京で開催された「日本財団グローバル若手日系人調査」記者発表の映像(https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200831-48496.html)を閲覧して、そんな感想がわい […]