ホーム | 日系社会ニュース | NHKドラマ『ハルとナツ』=ヒロイン決定 本年三月から撮影開始= 二十一日、NHK総局長定例会見で発表

NHKドラマ『ハルとナツ』=ヒロイン決定 本年三月から撮影開始= 二十一日、NHK総局長定例会見で発表

1月23日(金)

 二〇〇五年秋、放送予定の放送開始八十周年・大型ドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙―ブラジル物語―」(作・橋田寿賀子)のヒロインとロケ地などが決定。本日(日本時間二十一日)発表された。
 主人公は、一九二五(大正十四)年生まれのハルと二歳年下のナツ姉妹である。
 昭和、平成の時代とともに生きた姉妹の波乱万丈の生涯を通し、親子四代にわたる壮大な迫力のドラマである。日本の庶民史が、七十五分、五回放映という大きなスケールで描かれる。
 姉ハルが生まれた一九二五年はNHKが放送を開始した年でもある。
 姉ハルは、子役(九歳~十二歳)はオーデション中である。十六歳から五十五歳までを米倉涼子さん、八十歳を森光子さんが演じる。
 妹ナツの子役(七歳~十歳)はオーデション中で、十四歳から三十六歳までを仲間由紀恵さん、七十八歳を野際陽子さんが演じる。
ドラマのあらすじは、一九三四(昭和九年)、北海道の開拓村(架空の村)で、余りにも貧しい生活から抜け出すため、ハル(九歳)の一家はブラジルへの移民を決意した。だが、最愛の妹ナツ(七歳)だけが、眼病検査(トラホーム)で不合格になり、二人の姉妹はブラジル移民船の出港地神戸で別離を余儀なくされた。
ハルのブラジルの移民生活はいばらの道の連続だった。日本に残されたナツも戦争にほんろうされ、苦しい生活を強いられる。
それはまさしく”二人の”おしん”のようである。姉妹は、互いに綿々と手紙を書き続けるが、運命の壁が二人の前に立ちはだかり、ともに相手の手紙を手にすることができなかった。
主な舞台はブラジル、北海道、神戸、東京である。
ロケ地は、ブラジルではサンパウロ州カンピーナス、アチバイヤ、サントスほかである。
北海道では上川郡新得(しんとく)町、野付(のつけ)郡別海町ほか。
神戸では神戸市中央区、旧・神戸移住教養所など。
東京は都内および近郊で撮影が行われる。
撮影期間は二〇〇四年から一年間が予定されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]