ホーム | 日系社会ニュース | 盆踊りの講習会=レジストロ、田中さん迎えて

盆踊りの講習会=レジストロ、田中さん迎えて

4月1日(木)

  [レジストロ]日本から舞踊指導家の田中豊渕さんを迎えて、去る二月二十五日、二十六日、盆踊りの講習会が、レジストロ文協会館で行われた。地元はじめ、近隣のイグアッペ、セッテ・バラス、ジュキア、イタリリーからも参加があり、約九十人が講習を受けた。
 田中さんはシンパチカで、受講者はのびのび練習していた。今回は移民百年祭に催される一万人盆踊り大会に備えて、炭鉱節、相馬盆唄、ソーラン節、ブラジル音頭の四曲を対象にした。
 田中さんは「踊りの輪を人の和に」をモットーに民謡を指導しているという。そして、民謡は日本で農民が五穀豊饒を祈願して唄い踊った大切な行事だ、と説いた。二日目の二十六日の夜、有志三十人が集まって田中さんを囲み、中津川レストランで夕食会をしたあと、文協会館前の広場で受講者全員が輪になって踊り、成果を発揮した。(金子国栄さん通信)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ