ホーム | 連載 | 2004年 | 今、勢い YOSAKOIソーラン=日系社会の求心力になるか | 今、勢い YOSAKOIソーラン(7)=日系社会の求心力になるか=踊って日本との接点 集団による達成、感動呼ぶ

今、勢い YOSAKOIソーラン(7)=日系社会の求心力になるか=踊って日本との接点 集団による達成、感動呼ぶ

6月24日(木)

  YOSAKOIソーラン。名前ぐらいは聞いたことあったが、それがどのようなものなのか知らなかった。ビデオで初めてヨサコイを見たが、「これは日本文化でも何でもない」、そう思った。
ヨサコイとは、日本文化なのであろうか。誰が、何のためにやっているのか。そこから、この取材が始まった。
   ◎   ◎   
日系医療ボランティア団体アベウニの中に、ヨサコイを踊るグループがある。盆踊りでたまたま見かけて、興味を持ち青年文協で習ったそうだ。
 彼らに若者の日系社会離れについて尋ねると、「別に意識して日系社会から離れているわけではないけど、僕らはブラジルに住んでいるから、自然とブラジル社会の方に傾いていってしまう」と答えた。彼らは日本との接点が希薄なのだ。
 SOHOーGUEROPAチームのヨサコイでは北海道の荒波をイメージした振り付けを行っているが、日本的な動作によって波を表現するわけではない。「日本のダンスもかっこいいけど、それ以外のダンスも取り入れられるからヨサコイはいい」と、非日系のメンバーは語る。
 ヨサコイの魅力の一つはこの自由さにある。決まった曲や振り付けはなく、自分達の好きなように踊ることができるのだ。そのため、ヨサコイは日本への興味がない人でも入りやすい。それが、日系の若者だけじゃなく、非日系人もヨサコイに加わる要因の一つだ。
 そして、注目すべきは、何の関心のなかった人でも、ヨサコイを踊ることによって日本との接点が生まれることだ。 
 ヨサコイは、ソーラン節やよさこい節の意味を教え、それを躍りで表現させることができることから日本への関心を持たせやすい。例えば、ブラジルのヨサコイを文化的に研究している渡会環さん(上智大学大学院外国語学研究科)は、彼女が係わるISHIN(北海道青年文協)チームのメンバーについて、「自分が日系人であることや、ブラジルで育ってきたことを、彼らはヨサコイを踊る中で考えている」と話す。カストロ連の香川さんが指摘するように、「ヨサコイは決して日本の伝統的な踊りではない」。しかし、ヨサコイは日本をイメージして踊るダンスなのかも知れない。
 今連載で見て来たように、各チームを引っ張る人がヨサコイにかける思いは強い。
 それは、日本文化を伝える目的があったり、自分の所属する日系団体を活性化させることを期待していたりするが、ヨサコイは、そのどちらでも成果を残している。
 そして、ヨサコイは大会を開催して、初めてその意義を最大限に発揮する。
 カンポ・グランデ、SHIONKOチームの山本牟さんが「(大会に向かってヨサコイを踊り続ける間は)、子ども達は日系社会と関わりを持つことになる」と言ったこともあるが、それだけではない。
 ヨサコイのまた別の魅力は集団で踊ることにある。 それには、「人に合わせる心」(簾田さん・PL)を必要とする。集団で一つの目標に向かうということは、とても日本的であるだ
けじゃなく、成したときにとても大きな感動が生まれる。「この感動が、ヨサコイがこんなにも人を惹きつけた最も大きな要因の一つ」と飯島秀昭さん(ブラジルYOSAKOIソーラン大会実行委員会代表)は言う。
 イビラプエラ体育館に行った。目を閉じると、大きな歓声が体育館中にこだましてきた。
 七月十一日。スポットライトに照らされ、踊り手たちの高揚が最高潮に達っした時、その興奮は観客にも伝わる。そして、体育館は大きな感動の波に揺れるだろう。おわり。

(米倉達也記者)
 (ブラジルYOSAKOIソーラン実行委員会事務局電話番号11・287・4199)

■今、勢い YOSAKOIソーラン(1)=日系社会の求心力になるか=カンポ・グランデ色鮮明に 子供たち自身の意思で踊る
■今、勢い=YOSAKOIソーラン(2)=日系社会の求心力になるか=日本人の気持大切に バストス踊り手の平均年齢60歳余
■今、勢い YOSAKOIソーラン(3)=日系社会の求心力になるか新しい文化の創造 弓場チーム「ソーラン節」にこだわって
■今、勢い YOSAKOIソーラン(4)=日系社会の求心力になるか=礼で始まり礼で終わる=グルポ・V・アルテ爽やかな春の感じ
■今、勢い YOSAKOIソーラン(5)=日系社会の求心力になるか=メンバー35人中日系は1人 カストロ子ども達が振り付けも
■今、勢い YOSAKOIソーラン(6)=日系社会の求心力になるか=日本人の美点伝えたい 「平成」、子ども達が興味持つように
■今、勢い YOSAKOIソーラン(7)=日系社会の求心力になるか=踊って日本との接点 集団による達成、感動呼ぶ
image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え2021年3月11日 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え  新型コロナの感染爆発と死者の増加は歯止めがかからず、10日は24時間の死者が2286人に達して新記録を更新した。この数字はこの日の世界一で、国際紙は「原爆級」などの言葉で懸念を表明。国外の専門家はブラジルで死者が減り始めるのは5~6週間先とし、保健省も1日3千人の死者 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期2021年2月13日 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)の「2021年1月度代表者会議」が1月28日、オンラインアプリ「ZOOM」で行なわれ、各県人会代表者役員及び青年部を含む48人が参加し、ポルトガル語を中心に開催された。当日は、「県連ふるさと巡り再延期」と「21年の日本祭り […]