ホーム | 連載 | 2004年 | 今、勢い YOSAKOIソーラン=日系社会の求心力になるか | 今、勢い YOSAKOIソーラン(1)=日系社会の求心力になるか=カンポ・グランデ色鮮明に 子供たち自身の意思で踊る

今、勢い YOSAKOIソーラン(1)=日系社会の求心力になるか=カンポ・グランデ色鮮明に 子供たち自身の意思で踊る

6月16日(水)

 日本で十三年前に始まり、急速に拡大して行ったYOSAKOIソーラン(以下ヨサコイと略す)。その勢いは、ブラジルにも伝わり、七月十一日には第二回大会が開催される。一体、この勢いはどこから来ているのだろうか。二回目にして、参加チーム数二十一。踊り手七百名。日本では、若者の情操教育によい点と、村起こし的な要素が注目され人々は踊った。ここブラジルでも一つには、日系社会起こしの起爆剤として期待されている面があるようだ。「ISHIN」よさこいソーラングループのジェロニモ古城さん(二世・24)は「ヨサコイを踊っている人は日本への興味を持っている」と語るが、はたして、ヨサコイは日系社会の求心力となりうるだろうか。各チーム代表者らのヨサコイに対する思いに焦点をあてた。

 カンポグランデ日伯文化体育協会(木下パウロ会長)では、三年前にヨサコイを始めた。
 当時の在カンポ・グランデJICAシニアボランティアの嵯峨郁子さんが、紹介したことがきっかけだ。現在、日本語学校四恩校の山本牟美校長、ブラジル学校Visconde de Cairuの木之下ルイザ校長、同校体育教師の岡村美智先生の三人が中心となってヨサコイを子ども達に教えている。曲は、日本のヨサコイ大会で使われたものを使用し、振り付けは、主に岡村さんが行っている。「今までは、ソーラン節から漁師が働く様子をイメージしてやってきたけど、今回はカンポ・グランデの色を出していきたい」と岡村さん。
 カンポ・グランデ市内に住む各民族が踊りを競う、市役所主催のFesta das Nacoesというお祭りでは二〇〇一年、二〇〇二年とヨサコイを踊り二年連続で優勝を果たしている。白石ユリさん(18)は、なぜヨサコイを踊るのかとの問いに、「自分も楽しみながら、日本文化をみんなに見せていくため」と答える。 今回の大会に出場するのは、三十五人。平均年齢十六歳の青年グループだ。
 「子供は挑戦が好き。だから、ヨサコイをやるのも、ただ踊るだけじゃなく、何か目的を持たせたほうがいい。それは子供の向上心を育てることにもなるし、その目的に向かって子供達がヨサコイをやり続ければ、その間、子ども達は日系社会と関わりを持つことになる」。この思いから山本さんは、是非ともヨサコイ大会に参加したいと考えていた。
 マット・グロッソ・ド・スル州の州都カンポ・グランデ市。人口七十万の街には沖縄県出身者、その子孫を中心に約一万人の日系人が暮らしている。この街まで十三時間夜行バスに揺られた。サンパウロから北西に約千百キロ。
 山本さんの思いとは裏腹に、ヨサコイ大会に参加するにはあまりにも距離が遠すぎる。そのため、交通費や宿泊費など、経費が問題となり、参加するかどうか山本さんたちは悩んだ。
 そこで、山本さんたちは子どもたちを集め、「行きたいか、行きたくないか」それに行くのにはお金の問題があることを話した。
 彼女らがヨサコイを取り入れたのは、日系社会に子ども達を呼ぶ目的があった。「ヨサコイをやるほうが、青年会を開くより人が集まるよ」と、木下キヨシ君(18)が語るように、その目的は成功しているようだ。
 だが、今回、子ども達は、山本さんの思いを越え自分たちの意思でヨサコイを踊ろうとしている。
 「先生参加しよう! お金は、僕らも集めるよ!」子ども達は目を輝かせ言った。ヨサコイを踊ることは完全に子ども達自身のためになっているのだ。
 そして、この言葉に山本さんたちも参加を決心した。
 現在、子ども達は一枚三レアルのリッファを売って資金を稼いでいる。五月十六日に行われた第十九回家族慰安大運動会では、百枚のリッファを売った。リッファの景品には地元の企業が提供してくれた縫いぐるみなどを使用した。
 子ども達は、岡村さんを中心にとても楽しそうに練習をする。日本では学級崩壊が言われるが、まるで別世界だ。
 カンポ・グランデの街はとても空が広い。一年中存在するという入道雲が空に雄大な色を加える。大通りの向こうに見えた入道雲は奇麗な三角形をしており、まるで雪を被った富士山のようだった。この大きな空と、山本さんら大人たちの思いが、子供達の純粋な心を作っているように思えた。つづく。
    (米倉達也記者)
 (ブラジルYOSAKOIソーラン実行委員会事務局電話番号11・287・4199)

■今、勢い YOSAKOIソーラン(1)=日系社会の求心力になるか=カンポ・グランデ色鮮明に 子供たち自身の意思で踊る
■今、勢い=YOSAKOIソーラン(2)=日系社会の求心力になるか=日本人の気持大切に バストス踊り手の平均年齢60歳余
■今、勢い YOSAKOIソーラン(3)=日系社会の求心力になるか新しい文化の創造 弓場チーム「ソーラン節」にこだわって
■今、勢い YOSAKOIソーラン(4)=日系社会の求心力になるか=礼で始まり礼で終わる=グルポ・V・アルテ爽やかな春の感じ
■今、勢い YOSAKOIソーラン(5)=日系社会の求心力になるか=メンバー35人中日系は1人 カストロ子ども達が振り付けも
■今、勢い YOSAKOIソーラン(6)=日系社会の求心力になるか=日本人の美点伝えたい 「平成」、子ども達が興味持つように
■今、勢い YOSAKOIソーラン(7)=日系社会の求心力になるか=踊って日本との接点 集団による達成、感動呼ぶ
image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え2021年3月11日 《ブラジル》世界が恐れる「原爆級」感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え  新型コロナの感染爆発と死者の増加は歯止めがかからず、10日は24時間の死者が2286人に達して新記録を更新した。この数字はこの日の世界一で、国際紙は「原爆級」などの言葉で懸念を表明。国外の専門家はブラジルで死者が減り始めるのは5~6週間先とし、保健省も1日3千人の死者 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期2021年2月13日 県連代表者会議=日本祭り開催可否3月決定=焦点は会場費の持ち越し問題=ふるさと巡り9月に再延期  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)の「2021年1月度代表者会議」が1月28日、オンラインアプリ「ZOOM」で行なわれ、各県人会代表者役員及び青年部を含む48人が参加し、ポルトガル語を中心に開催された。当日は、「県連ふるさと巡り再延期」と「21年の日本祭り […]