ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

7月6日(火)

  サンパウロ市長選に出馬したマルフ候補は四日、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ通りを訪れ、はっぴ被姿でモルタデーラのランチを試食した。マルタ候補は「にわか信者」に扮し、アッセンブリー教会で演説を打った。セーラ候補はカンタレイラ通りの中央市場を訪れた。六候補の街頭での本格的な選挙運動は六日から始まる。八月十五日からはテレビで政見放送が始まる。
     ◎
 ジャーナリストのレオナルド・シコッチさん(26)が三日未明、サンパウロ市南部ジャバクアラ区の警察署から百メートルほど離れた通りで頭部を撃たれて殺害された。シコッチさんは稲妻誘拐されたとみられ、家族は強盗に渡せるものが少なかったために殺されたと考えている。今週に給料を受け取る予定だったため、被害者の銀行口座には二百二十七レアルしか残高がなかった。
     ◎
 約三万人が死亡、三十五万人が重傷―。ブラジルでは毎年交通事故で多くの人が死傷する。汎米保健機構(Opas)のデータによると、ラテンアメリカ全体では十三万三千人が毎年事故で命を落としているという。
     ◎
 スペインの名匠パブロ・ピカソの絵画展が、一月二十八日からイビラプエラ公園のOCA画廊で開かれていたが、最終日の四日には八十四万人が押しかけ、入場するのに二時間待たされる記録更新の人出となった。それまでは〇三年の「兵馬傭と紫禁城の宝物」の八十一万七千人が最高だった。最終週は入場無料。絵画ファンには、何時間待たされても苦にならない程の魅惑があるらしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン2018年1月11日 黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン  サンパウロ州保健局が9日、州内での黄熱病による死者は、サンパウロ大都市圏の3人を含む13人に増えたと発表したが、同日付伯字紙サイトはその後、同大都市圏だけで死者が3人増えたと報じた。  州保健局の発表では、昨年7月以降、黄熱病感染が確認された患者は29人で、13人が死亡。全 […]
  • サンパウロ市=極南部でも黄熱病の予防接種=隣接市で感染したサルが死亡2017年12月22日 サンパウロ市=極南部でも黄熱病の予防接種=隣接市で感染したサルが死亡  【既報関連】サンパウロ市保健局が20日、同市極南部でも黄熱病の予防接種キャンペーン実施を決め、21日から開始したと21日付現地紙サイトが報じた。  キャンペーンの対象となるのは、エンジェニェイロ・マルシラッキ、パレリェイロス、ジャルジン・アンジェラ、カッポン・レドンドの各区 […]
  • 東西南北2017年1月13日 東西南北  ルーラ元大統領は11日、バイア州サルバドールで行われた土地なし労働者運動(MST)主催の集会に参加し、集まった群衆に、大統領選挙に再出馬の意向を示した。しかも、「テメル(大統領)でも、セーラ(外首相)でも、セルジオ・モロ(判事)でも、連警の警部でも構わない。誰が出てきても受け […]
  • Sabesp=大サンパウロ市圏への放水補強へ=建設中の水系に大きな期待2016年7月14日 Sabesp=大サンパウロ市圏への放水補強へ=建設中の水系に大きな期待  サンパウロ水道公社(Sabesp)が、ここ数年の大サンパウロ市圏での水危機を受けた対策として、内陸部にある水源からの取水量を増やし、大サンパウロ市圏への放水量を倍にしようと考えていると、13日付フォーリャ紙が報じている。 Sabespが考えているのは、サンパウロ州ヴァーレ・ド […]
  • 東西南北2016年5月5日 東西南北  サンパウロ州水道公社(Sabasp)によると、このところ雨量が減少し、サンパウロ州大都市圏に水を供給している各水系の貯水率が下がっている。水位の低下が最も激しいのはグアラピランガ水系とアウト・チエテ水系で、4日現在、共に38日連続で水位を下げている。最大の水がめであるカンタレ […]