ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 警察庁長官が銃撃されて重傷のニュースは今も生々しい。出勤のため自宅マンションの玄関を出ようとしたところを狙撃された国松考次長官(当時)は危篤にも陥いったが奇跡的に助かった。犯人は拳銃を四発撃ち、三発が長官の腹部に命中するという前代未聞の事件である。あれは一九九五年の三月だから今年で九年と少しになる▼犯人はオウム真理教ではないかの見方はあったし参考人として聴取も行ったけれども、いずれも決め手となる証拠や供述がなく結局は不起訴となり「迷宮入り」が囁かれもした。殺人未遂の容疑で逮捕された警視庁の元巡査長・小杉敏行は、オウム信者であり事件直後の聴取に「自分が銃撃した」「短銃は神田川に捨てた」とも語っている。警察は捜索隊を組織し川底まで調べたのに遂に見つからなかった▼それでも―警察は執拗に捜査を続ける。この間に動員された警察官は述べ三十七万人。警察トップ狙撃という事件の特異性に対する刑事らの反発と意気地もあったかもしれない。こうした警察官の一歩一歩が「オウム元幹部三人逮捕」に結びつく。中でも小杉容疑者のコートに付着していた火薬成分が狙撃に使われた銃弾のものと一致したのが大きい▼最新の鑑定方法らしいが、これが証拠となる可能性も高い。尤も、狙撃犯は小杉容疑者とは別のようだ。坂本弁護士殺害などで服役しているオウム幹部の端本悟被告が実行犯ではないかの見方が強いが、謎の警察庁長官狙撃も解決に向けて前進したのは喜ばしい。  (遯)

04/07/08

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》北部の配電会社3社の経営権を民間企業が落札=民営化で電力格差の解消へ2018年9月1日 《ブラジル》北部の配電会社3社の経営権を民間企業が落札=民営化で電力格差の解消へ  8月30日、エレトロブラス社所有の、ブラジル北部配電会社3社の経営権公開入札が行なわれ、エネルジサ社が2社、オリヴェイラ・エネルジア社が1社落札したと8月30、31日付現地紙・ニュースサイトが報じた。連邦政府が過半数の株を所有する公社的組織エレトロブラスの経営効率を上 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(55)2019年2月23日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(55)  こうして、グアタパラ耕地で知りあった者たちが、チエテ川から少し北にいったタバチンガで再び生活を共にすることになった。  当時、その地帯では主に棉が栽培されており、彼らも棉栽培にとり組んだ。パウケイマダ耕地の土地を借りた。稲嶺盛一が選んだ土地は森林を伐採し、切り株を堀りだし、 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第85話2020年12月2日 中島宏著『クリスト・レイ』第85話  クリスト・レイ教会を自分たちの手で完成させたというバイタリティも結局、そのように強靭な精神力から生まれてきたものなのであろう。その辺りは確かに、一般の日本人移民とは違っているのではないか。マルコスは漠然とながら、そのように考えている。  改めてクリスト・レイ教会を眺めてみて […]
  • ハイチ=コレラの死者9百人超す=国連が国際的な支援を要請2010年11月17日 ハイチ=コレラの死者9百人超す=国連が国際的な支援を要請 ニッケイ新聞 2010年11月17日付け  1月12日に発生した大地震の被災者の多くがキャンプ生活を強いられているハイチで、コレラ患者が増え続け、住民らによる抗議行動なども起きている。 […]
  • 頻発するサメの襲撃事件=レシフェの海岸が危険2004年3月2日 頻発するサメの襲撃事件=レシフェの海岸が危険 3月 2日(火)   【エポカ誌】サメに襲われる恐怖が夏の海を楽しむサーファーや海水浴客たちの間に広がっている。しかし、人間にとって最大の脅威の一つであるサメの実態は神話に包まれたままだ。 […]