ホーム | 日系社会ニュース | 場所代のないバザー 岐阜県人会、初の試み成功

場所代のないバザー 岐阜県人会、初の試み成功

7月13日(火)

  ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)は六月二十日午後九時から、第一回助け合いバザーを行ない、約二百人が詰めかけた。
 このバザーは場所代を取らないことが特徴で、会員に手作り品などを売る店を出してもらい、利益は全て会員に還元するという新しい試み。「市価よりも安めだったせいもあり、よく売れました」とは山田会長。
 当日は、美濃焼きの陶片、黄瀬戸、志野焼きを中心とした「焼き物の里」らしい郷土展示コーナー、「君が代」にも歌われるが実際に目にすることは少ない「さざれ石」、岐阜ちょうちんや団扇、観光パネルが陳列された。
 食べ物では、恵那地方の名産である寒天、バカリャウのコシンニャ、婦人部によるどら焼き、ラーメン、福神漬け、干し柿など色々な品物が即売、提供された。
 山田会長は「今回はほぼ期待通りでした。次回は八月を予定してます。できれば毎月でもやって、会員のみなさんの定期収入として還元したい」と趣旨を説明する。次回には農協婦人部連合会も参加希望を表明しているそう。
 同県人会は会員や母県に呼びかけ、新しい展示物の準備も始めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]