ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 カシャッサと日本。その「距離」が近年グッと縮まってきている。先週末アニエンビーで開催されたカシャッサの国際見本市で実感した。
 流暢な日本語で説明を付けている商品。有機栽培のサトウキビを原料に造るのは、日本移民の町アサイにある企業だ。業界誌を経営する父親を助ける日系三世もいた。
 エスタード紙二十六日付の特集「日本移民百周年に向けて」では、サッカーと音楽を主な「輸出品」として挙げるが、カシャッサ生産者が日本市場に注ぐ視線も熱い。
 見本市を訪問した折りは、サッカーのブラジル対アルゼンチン戦。出展業者はブースに小型テレビを持ち込み、商売忘れて観戦だ。勝利が決定、チャンピオン盛りの美酒が振舞われ、気勢を上げたのはいうまでもない。
 本当に「輸出」して伝えたいのは、サッカーでも酒でなく、この空気なんだよなァ。  (大)

04/07/27

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 2008年2月9日 祝・トヨタ・ド・ブラジル50周年 ニッケイ新聞 2008年2月9日付け トヨタ・ド・ブラジル=ブラジル進出半世紀を祝う=ルーラ大統領「さらなる経済交流を」=豊田章一郎名誉会長、4人の元社長らも列席  「更なる将来の発展を」―――。ブラジル進出50周年を迎えたトヨタ・ド・ブラジル(長谷部省三社長)の記念セ […]
  • 『島唄』の宮沢さん来伯=100周年はカイピリーニャで祝杯=8月8日にSESCで公演2004年7月30日 『島唄』の宮沢さん来伯=100周年はカイピリーニャで祝杯=8月8日にSESCで公演 7月30日(金) […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]