ホーム | 日系社会ニュース | 「おめでとう、サンパウロ!」=池坊南米支部花展、実技指導も

「おめでとう、サンパウロ!」=池坊南米支部花展、実技指導も

7月29日(木)

  華道家元池坊南米支部(鈴木幸子支部長)とサンパウロ文化センターは、「二〇〇四年いけ花展示会」を、八月十二日から十五日まで同センターで開催する。テーマは「おめでとう、サンパウロ!」。サンパウロ市市制四百五十周年を記念したものだ。後援はブラジル書道愛好会と在サンパウロ総領事館。
 伝統的な作品から現代的な作品まで約六十点が並ぶ。また、「日本文化をブラジル社会に継承していく」ためにデモンストレーションやワークショップを開き、華道に馴染みの無い人にもいけ花を体験してもらう。
 ワークショップは一日約四十人が対象。自分で作った作品は持ち帰ることができる。十三日午後三時から、十四日午後二時から、十五日午後三時から。一時間から一時間半程度。
 書道愛好会の作品も展示。中には池坊南米支部員の作品もある。十五日午前十時からデモンストレーション。
 開場日程はーー十一日午後七時から、センター内ビブリオテカ広場で開会式。開場は五日間とも午前十時から。閉場は十一日から十三日まで午後八時、十四、十五日は午後六時。

image_print

こちらの記事もどうぞ