ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 今はもう無くなったが「集団就職」というのがあった。中学校を卒業すると農村の子供たちは汽車に乗って十時間も二十時間も掛け東京の町工場や左官屋の親父を目指し期待の胸を膨らませる。昭和二十年代の半ばから始まり、北海道や東北からの列車には二十人、三十人もの若者らの熱気で満ちていた▼上野駅は白い旗を持った引率の教師と子供らの姿で彩られ三月から四月始めの風物詩を描いたのも懐かしい。農村国家だった日本も工業が主体になり労働力が必要になってくる。故・池田勇人首相は「人間は資源」と語り東京の整備や造船など工業国家の育成に勤めた。九州や四国からは大阪へと向かったし列島中が工業化へと進んだ。農村人口は都市に集まり、東京と大阪は巨大都市になって過疎村という飛んでもない社会問題を生み出しもする▼農村人口は減りに減り続け今や僅かに九四〇万人。このうち六五歳以上が二八五万六千人で、三一%を占める。農家戸数も前年比四万四千戸も減って二一六万戸。これでは食糧の自給率が四〇%も致し方あるまい。今や国民食ともなったラーメンの国産率はたったの七%という数字がある。小麦粉は外国産、あの焼き豚の食材も輸入。醤油や味噌を造る大豆も。店に灯る電球の石油もタンカーで運ばれてくる▼恐らく―スープの水は国産だろうが、何とも哀しくもお寒い。こんな厳しい環境の中でも農水省は健全な農家を育てたいと頑張っている。が、要諦は一つ。三十ヘクタール農家を育て機械化を進めるに尽きるのではないか。 (遯)

04/08/03

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]