ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

9月7日(火)

  今回地方選は市長や副市長、市議三十七万七千人が立候補、届け出た選挙費用が百六十三億レアルに達し、予想の二十倍になったと選挙高等裁が発表した。多くは資金もないのに、限度額一杯に金額だけ大きく届け出ている。届け出額を超過し、罰せられる例が多いからだ。最高はエスピリト・サント州の一市議、二億五千万レアル。最少はバナナル市の市議が二センターボス。いずれも誤記と思われる。
     ◎
 母子仲良く盗難車を解体し部品を密売―。市警は三日、主婦のテレジーニャ・ヴィンコ容疑者(68)と息子二人(36、37)を盗難車密売の疑いで逮捕した。マイリポラン市にある容疑者らの自宅からは、今年に入って盗まれたアウディとパサート二台が押収された。息子の一人は、自動車を盗まれたと偽って保険金を受け取った容疑で昨年に逮捕されている。
     ◎
 ブラジルの航空最大手バリグ北京事務所の干醒虎主席代表は三日、今年中の中国―ブラシル直行便開設への期待を表明した。同社では今年末までに北京―サンパウロ直行便を開設する計画。運航は週四回、所要時間は二十三時間と大幅に短縮される。ブラジル到着後は同社の便でアルゼンチン、チリ、ペルー、メキシコなど中南米諸国に行くことも可能に。直行便には同社のボーイング777型機を使用し、定員は三百十五人。中国国際航空の客室乗務員三―四人が乗務する。(時事)
     ◎
 モルンビー競技場で五日に行われた二〇〇六年サッカーワールドカップ南米予選で、ブラジル代表チームは三対一でボリビア代表を下した。ブラジル代表は八日にベルリンでドイツ代表と対戦するが、ロナウドは婚約者のモデル、ダニエラ・シカレーリと過ごすためにサンパウロ市に残る。二人は来年一月二日に挙式予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ