ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の高架橋では、側面にある鉄柵がゆがんでいるものや錆び付いているもの、棒が曲がり、隙間が大きくなっているものが目立つという。これが不安定だと、下の車道に落ちたり、側を走る車にぶつかったりする可能性も高まる。同紙の調査の結果、市内の代表的な高架橋で異常がないものは少ない。中央部のミニョコン、南部のロベルト・マリーニョ大通りや西部のフランシスコ・マタラッソやアブラニョン・リベイロ大通りの高架橋といった、知名度が高く、交通量もかなり多いところでも「問題あり」という結果が出たという。高架橋そのものが古くなっている例も多く、惨事の前に対策が必要な気もするが。
     ◎
 携帯アプリ「メウ・イモーヴェル」が発表したデータによると、子供もいるサンパウロ市民が住んでみたい地域として最も人気があるのは、東部のタトゥアペーだという。その理由はレジャー施設や文化施設、食堂なども多く、スポーツも楽しめるからだ。同地はコリンチャンスのお膝元だ。2位は南部のヴィラ・マリアナ、3位はタトゥアペーに隣接するペーニャだった。このアプリを使って東部の家屋の情報を探した人は利用者全体の38%に及び、同地区への人気が高いことをうかがわせている。
     ◎
 CPTM11号線で7日夜、エスペジト・ゴメスさん(65)が27歳男性との喧嘩で死亡する事件が起きた。2人は車内でぶつかって口論となった。ゴメスさんは終点のコリンチャンス/イタケラ駅で降車の際、男性を襲おうとして逆に殴り返され、地面で強く頭を打って亡くなった。ささいな口論で死亡事故にまで至るのは悲しい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2017年11月7日 東西南北  10月25日にゴイアス州ゴイアニアの私立校で起きた、14歳の生徒がいじめの仕返しで同級生2人を殺害した事件はまだ記憶に新しいが、6日朝、また同州の学校で生徒が射殺される惨事が起きた。現場は同州アレシャニアの州立校で、ラファエラ・ノヴィンスキさん(16)が、午前8時15分頃、教 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]