ホーム | 日系社会ニュース | 「コロニア文芸賞」決まる=矢島健介さんの『流氓』

「コロニア文芸賞」決まる=矢島健介さんの『流氓』

9月7日(火)

 〇四年度コロニア文芸賞受賞作は、小説選集『流氓』(矢島健介)と決定した。最終選考会は、去る八月十二日行われた。
 賞の対象となったのは、〇三年七月一日から〇四年六月三十日まで、自薦された十九編だった。うち、応募規定に満たなかった作品が十一あり、失格した。
 去る七月十四日、第一次選考委員会でつぎの八編がコロニア文芸賞の候補として選考の対象になった。「パイオニア物語・芋作りの神様・百合栄一一代記」(宮本龍一)、「庭の敷石」(森川光子)、「朝からブラジル」(日下野良武)、「ブラジル高知県人会創立五十周年記念誌」(記念誌編集委員会)、「折々の句集」(浦旗都家子)、「印土素馨」(水本すみ子)、「架け橋」(田辺豊太郎)、「流氓」(矢島健介)。
 文芸賞委員会の遠藤勇委員長、松尾治副委員長、栢野桂山委員、渡辺光委員、小高利根子委員、浜照夫委員の六氏が一次選考、その結果、森川さん、水本さん、矢島さんの三編が通過。第二次選考会でこの三編を対象に集中して選を行い、矢島さんの作品への授賞を決めた。
 矢島さんは本名梅崎嘉明さん。コロニアの総合文芸誌『日系文学』の会長を十二年つとめ、そのうえ、短歌会、文章勉強会を主宰してきた。現在まで歌集三、随筆集一、小説集二、を発行している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]