ホーム | 日系社会ニュース | 愛のもつれ17歳日系女性を刺殺=浜松=日系男容疑認める

愛のもつれ17歳日系女性を刺殺=浜松=日系男容疑認める

9月11日(土)

 恋人のエリーザ・カンダさん(17)の首など十七カ所を刃物で刺し殺害した罪に問われていたダニエル・テルヤ容疑者(23)の公判が八月二十八日、静岡県浜松市の刑事裁判所であった。
 容疑者は、カンダさんが最初に刃物で襲ってきたなどと正当防衛を主張。また、「刃物を取り上げて一緒に死ぬつもりだった」と供述したが、裁判長は「犯行の残忍さ」を重視。動機などを厳しく問い詰めると、容疑者は、昔の恋人と別れるようカンダさんに迫ったが口論となり、自分から殺害したと認めた。
 また、容疑者はカンダさんが工場勤務の後、スナックで働いていたことにも腹を立てていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ