ホーム | 日系社会ニュース | 日本から宮司ら迎え50年目の記念慰霊祭=サンパウロ靖国講

日本から宮司ら迎え50年目の記念慰霊祭=サンパウロ靖国講

9月28日(火)

 一九五四年以来毎年、日本の靖国神社に祀られている霊を偲んできたサンパウロ靖国講(松原寿一代表)は十月三日、文協貴賓室で慰霊祭を行なう。五十周年を迎える今年は、靖国神社から湯沢貞宮司と、樋口知明宣徳課長が来伯。節目を記念する慰霊祭になる。
 「靖国神社に関係ある遺族の方々はぜひご出席ください」と関係者。同五日にはリベルダーデ区ニッケイパラセ・ホテル地階レストラン・ツバキで、湯沢宮司を囲んでの懇談会もある。
 慰霊祭は午前十時から。懇談会は午後二時半。
 問い合わせは藤堂光義さん(11・5587・5303)。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ