ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

10月7日(木)

 リオ市地下鉄ファゼンダ・ボッタフォーゴ駅近くの歩道橋に五日朝、人間の頭部二個と足一個が放置してあった。また首なし死体二体が、ロッシャ・ミランダ警察署近くに乗り捨てた車両の中にあった。死体の身元は、何ら手掛かりがなく同日夕まで判明していない。警察は、アカリ地区の麻薬組織によるライバル処刑とみている。同地域は流れ弾の被害者が多い。       ◎
 フランシスコ・C・ナスシメントさん(40)は二十年来の願いがかなったと、パウリスタ大通り全域を木製の十字架を担いで歩いた。ナスシメントさんはピアウイ州ルジランジア出身。九歳で父が他界、母一人で九人兄弟を育てた。十八歳のとき母にマイホームを買うと、六年かかりの無銭徒歩で出聖した。苦闘のすえ三万レアルを蓄え、四日念願の家を購入した。     ◎
 ピニェイロス区で毎週末行われていたペット市が、十一月よりヴィーラ・ローボ公園からケイロス・フィーリョ大通りへ移転する。公道の舗道で行われることで市民と業者から継続懸念の声がある。
ペット市は業者の他に、一般人多数もペットを持ち寄り販売をしていた。そのためヴィーラ・ローボス公園の駐車場が汚されたと苦情があった。
     ◎
 マルタ市長の得票結果を見ると、二〇〇〇年には総数の三八・一三%を獲得したが、今回は三五・八二%に減らした。マルタ候補が前回二〇〇〇年より票が減ったのは二十八選挙区、増えたのは十一。四十二全選挙区中、セーラ優勢は二十七、マルタ優勢は十五であった。この十五選挙区は、どれもマルタ候補が新しく小学校を建築した場所。

image_print

こちらの記事もどうぞ