ホーム | 日系社会ニュース | 空手通じ日中交流=銘苅さん「ブラジルも輪に」

空手通じ日中交流=銘苅さん「ブラジルも輪に」

11月2日(火)

 夢は「空手を通した国際交流」――。銘苅拳一さん(58、沖縄県出身)は、一九五八年、移民としてやってきたブラジルで親戚から空手を学び、現在は八段の腕前。一九九〇年、日本の武道が禁止されていた中国へ渡り、空手を広めた。上海市の空手道委員会から「中国に初めて空手を伝えた人物」として認められている空手普及の第一人者。大阪府に中国人選手を招いて大会を開くなど、空手を通した日中交流を促進している。いずれは、ブラジルもこのスポーツ交流の輪に加えるつもりだ。
 中国に空手を普及する上で苦労したのは、政府の許可を得ること。「すべて国の許可が必要なんです」。普及活動のために、銘苅さんの弟子で当時ブラジル大統領のフェルナンド・コーロル氏や日系人の元サンパウロ州議員・下本八郎ブラジル空手拳士会名誉会長など様々な人脈を利用して中国政府への紹介状を書いてもらい、普及の許可が降りた。
 しかし、空手そのものを伝える段階ではそれほど困難はなかった。銘苅さんが道場を構える上海には今では空手ブームが巻き起こっている。西安、雲南、北京、南京、成都など各地で普及活動を展開し、中国全土に五十ヵ所以上の支部を持つ。直接の弟子は二、三万人。空手人口は十四年間で二十万人以上に達した。特に女性拳士が多く、二人に一人は女性だという。
 「中国の子は一人っ子でわがまま。空手を通して礼儀作法を学ばせようと親が子どもを連れてくる」ことも空手人口が増加する要因の一つ。空手の魅力は、体が鍛えられ、強くなること。精神力も養われ、自信が出てくる。独立精神を鍛えられることから将来のためにもなる。さらに銘苅さんは「空手を通して国際人を育てたい」と考え、普及活動を続けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ローン活用基準変更か2008年10月14日 ローン活用基準変更か ニッケイ新聞 2008年10月14日付け […]
  • 冷静に金メダル狙う知花選手2016年3月18日 冷静に金メダル狙う知花選手  日本式の教育を受けて日系人としての自尊心を持つ子弟は、まじめでおとなしく、慎重な人柄であることが多い。複数の日系スポーツ選手の取材を通して、彼らもまったく同様であることに驚いた。 日本のプロ野球界に入るとか者、五輪に出て世界と戦う者――。勝負の世界にいるはずなのに、謙虚な彼ら […]
  • 実演の様子2014年10月7日 二天青年会が憩の園慰問=剣術披露に入居者も感激  二天古武道研究所(岸川ジョージ所長)の青年会「隼グループ」が9月21日、グアルーリョス市の社会福祉法人救済会「憩の園」を訪問し交流会を行なった。団員20人が慰問し剣術、杖術、居合術の実演で70~90代の高齢者約80人を喜ばせた。 定期的に行なっている福祉施設訪 […]
  • コロニアかるた会=鳥取セで10月会合2005年9月28日 コロニアかるた会=鳥取セで10月会合 2005年9月28日(水)  コロニアかるた会(黒田貞徳代表)は、十月二日正午から、鳥取交流センター(ドナ・セザーリア・ファグンデス街323)で第三百五十四回会合を開く。会費四レアル。一品持ち寄り。 […]
  • モ・アズール日本祭り=日本の若者8人が主催2005年10月19日 モ・アズール日本祭り=日本の若者8人が主催 2005年10月19日(水)  今年で二十回目を迎えるモンチ・アズール日本祭りが、二十二日(土)午前十時から午後四時までファベーラ・モンチ・アズール(Rua vitalina grassman290 jd […]