ホーム | 日系社会ニュース | オキナワ祭り再び=6日アトラクション豊富

オキナワ祭り再び=6日アトラクション豊富

11月2日(火)

 地域の友好・親睦を深めることを目的とした「第二回オキナワ祭り」が、六日午後三時よりマンシェステル文化・体育クラブ内サッカー場で行なわれる。主催は沖縄県人会ビラ・カロン支部(知花良治会長)。
 当日は、参加者全員が参加できる盆踊りをはじめ、アトラクションも豊富で約六百人が出演する。
 沖縄舞踊、沖縄民謡、空手のほか、「琉球国祭り太鼓」と「レキオス」の二団体が出演する琉球太鼓、プロのサンバチームを招くサンバなどを催す。
 会場周辺には食べものを中心に二十余りの屋台が並ぶ。おきなわソバ、焼きソバ、パステル、お菓子などを販売。
 子どもが自由に遊べる遊戯場もある。全員が参加できる抽選では、テレビやDVD、自転車などが当たる。
 実行委員長の上原テリオさんは「若い方々の積極的な協力があって、やりがいがある」と意欲的。
 入場無料。ただし、来場者は保存がきく食料品を持参のこと。食料品は希望の家へ寄付する。
 午後十時ごろまで。会場は、ヴィラ・ノーヴァ・マンシェステル区ハロルド・ダルトロ広場(同支部会館向かい側。ゲート・ボール場隣)

image_print

こちらの記事もどうぞ