ホーム | 日系社会ニュース | コロニア歌手・平田ジョー=プロミッソンに特別な思い=110周年記念曲を制作

コロニア歌手・平田ジョー=プロミッソンに特別な思い=110周年記念曲を制作

プロミッソン名誉市民章を受章した平田ジョーさん

プロミッソン名誉市民章を受章した平田ジョーさん

 ブラジル日本移民110周年記念曲『ありがとうブラジル』をコロニア歌手・平田ジョー昭夫さん(50、三世)が制作している。この曲は、7月中旬に開催される各地の移民110周年記念式典で歌われるが、なかでも7月21日に入植百周年式典が開催されるプロミッソンへの特別な思いを語った。
 プロミッソン市のゴンザガ区には、38年に日本移民が建設した最初のカトリック教会「クリスト・レイ教会」がある。幕末に大規模な基督教徒迫害が起こり、社会的圧力を受けて移民した、福岡県大刀洗町出身の隠れキリシタンの子孫が大半を占めた場所だ。
 同地区には、ジョーさんの祖父・キゾウさん、父・ニコラウさんも居住し、同教会建設に汗を流した。大刀洗町にある今村教会堂の図面を基に複製されたとされる教会の建設にあたっては、教会横に煉瓦を焼くための窯を開き、そこで作られた約15万個のレンガを積み重ね、信者の労働奉仕により完成したという。
 同地区で資本を蓄えた後、平田一家はパラナ州アラポンガス市に土地を購入し、珈琲栽培に従事。クリチバ連邦大学を卒業した父・ニコラウさんは、会計士となりマリンガ市に移り住み、そこでジョーさんは生まれた。
 コロニア歌手として全伯各地を渡り歩くジョーさんだが、プロミッソンを初訪問したのが5年前。同地出身者子弟として歌手として活躍する功績を称え、プロミッソン市が名誉市民章を授与。そこで、初めてクリスト・レイ教会を見たという。
 ジョーさんは「父から話は聞いていたが、実際に見て感激した。あの時代にこんな立派な教会を一つ一つ皆の手で作り上げたとは」と当時を振返る。その1ヶ月後、息子の成長を見届けたかのように、ニコラウさんは息を引き取ったという。
 94年にNHKのど自慢大会チャンピオンに輝き、当地でプロ歌手として活動を開始してから今年で20年を迎える。
 「移民の故郷と称されるプロミッソンは、祖父や父にとっても思いで深い場所。今でも自分の胸のなかに生き続けている」と語り、「プロミッソンで歌うのは、これが初めて。特別な思いがある」と意気込んだ。
 記念曲『ありがとうブラジル』は、日伯両国への感謝を込めて、日ポ両語で作詞。5月末迄に完成を見込むビデオ・クリップは、尺八、太鼓、エスコーラ・デ・サンバ、オーケストラ、踊りなど、総勢200人以上が参加する豪華なものとなりそうだ。この曲は、7月19日のマリンガー市、20日のサンパウロ市、21日のプロミッソン市など、各地で開催される移民110周年式典で、使用される予定だ。


□関連コラム□大耳小耳

 プロミッソン入植百周年祭典委員会(前田ファビオ実行委員長)は、7月22日の入植百周年式典に、プロミッソンから巣立っていった同郷者やその子弟を招待する予定。サンパウロ市在住者も多いため、そのための名簿作成に奔走している。ノロエステ連合日伯文化協会の安永信一会長は、「我々が今あるのは先人のおかげ。祭典は全ての同郷者を称えるためのもの。名簿の登録に協力をお願いします」と呼びかけている。該当する方は、氏名、住所及び連絡先を同委員会(promissao100@outlook.com, fazendamaeda@hotmail.com)もしくは、安永修さん(14・99716・5367)、和恵さん(14・99701・6765)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年1月30日 コロニアからもカーニバル参加=リオ、サンパウロ市で「移民」取り上げ=モジでは町の統一テーマに ニッケイ新聞 2008年1月30日付け  二〇〇八年のカーニバルが二月一日から始まる。日本移民百周年の今年は、リオ・サンパウロでスペシャル・グループのチームが「日本移民」を、サンパウロ市ではほかに「沖縄」をテーマに取り上げる所もある。さらに近郊モジ・ダス・クルーゼスでは、 […]
  • リオ市=来年カーニバルのパレード延期=コロナ禍影響を怖れて=6、7月? 日程は未定2020年9月29日 リオ市=来年カーニバルのパレード延期=コロナ禍影響を怖れて=6、7月? 日程は未定  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • リオ選裁=クリヴェラの市長選出馬危機=大統領派の判事が助け舟出す2020年9月23日 リオ選裁=クリヴェラの市長選出馬危機=大統領派の判事が助け舟出す  21日、リオ選挙地域裁(TRE)が、リオ市長のマルセロ・クリヴェラ被告に対する公職濫用疑惑の審理を行い、大半の判事が有罪で「8年間の選挙出馬禁止」判断を下した中、ボウソナロ大統領から指名されたばかりの判事の見直し要求で、結論が先延ばしとなった。22日付現地紙が報じてい […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]