ホーム | 日系社会ニュース | 池田さん訪日研修延期に=大阪・サンパウロ姉妹都市協会

池田さん訪日研修延期に=大阪・サンパウロ姉妹都市協会

来社した粟嶋さん、池田さん、近藤さん

 大阪サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)の招致で、昨年9月にブラジル日本都道府県人会連合会とブラジル日本語センターが共催した『第13回弁論大会』で、見事2位を受賞した池田アレックスさん(24、四世)が、訪日研修の挨拶で先月27日に本紙を訪れた。だがその後、新型コロナウイルスの影響で訪日延期となった。同協会の粟嶋裕さんと後任の近藤祥弘さんが共に来社した。
 今月11日から24日まで約2週間にわたって、大阪で市役所への表敬訪問や府議会の見学、学校訪問等を行う他、ホームステイ、企業見学、労働関係の施設見学、伝統芸能を学ぶために淡路島の文楽を見学する予定だった。
 池田さんはサンパウロ州マリリア市出身で、日系人の母親と非日系人の父親の下に生まれた。幼少期に両親が度々訪日しており、日本の文化に触れ育ったという。8歳から日本語の勉強を始め、カンピーナス州立大学(UNICAMP)3年生の時に日本政府(文部科学省)の国費留学生として訪日。現在、日系企業に内定が決まっているという。
 今回の訪日研修について「国費留学をした時に、日本は素晴らしいと思った。今回の研修で再訪日できるのが楽しみ。また会いたい人もいる」と嬉しそうに述べた。
 同協会は粟嶋さんが人事異動で本社勤務となり、後任は近藤さんが務める。
 新型コロナウイルスの影響により中止となった、池田さんの訪日研修の実施時期は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ