ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

  「浪速女の意地で頑張りたい」と、南米大陸横断を目指し走り続ける阪本真理子さん。その五千キロに及ぶ果てしなく長いマラソンを今、完走し終えようとしている。十九日にもゴール地点、ペルーのリマ市に到着する予定だ。
 移民の足跡を辿る旅でもあった。出発は九月二十二日、移民着港の地サントス。行く先々で受けた手厚い歓待ぶりには、先人の努力と功績を思ったに違いない。
 「俺たち移民はみんなゼロから出発したんだ」と、知人に言われたことがある。その移民たちがブラジルに残した足跡も、阪本さんが今、未舗装の露地に刻み続けている足跡も、全てはそれぞれの一歩一歩の積み重ねで作られたもの。
 今日の一歩が明日の一歩へと繋がる。阪本さんの五千キロにそのことを教えられた。このまま無事、完走することを心から期待したい。 (達)

04/12/15

image_print

こちらの記事もどうぞ