ホーム | 日系社会ニュース | 森造成▽記念誌製作▽式典=50周年予算は20万レ=定期総会 高橋会長再選も承認=コチア青年

森造成▽記念誌製作▽式典=50周年予算は20万レ=定期総会 高橋会長再選も承認=コチア青年

1月22日(土)

 コチア青年連絡協議会は十八日、リベルダーデ区の福井県人会館で二〇〇五年度の定期総会を開いた。総額約三万七千レアルの新年度の予算案が承認されたほか、今年九月に予定される五十周年大会についても、コチアの森造成や記念誌製作に要する費用として二十万レアルの予算を組み、承認された。また、高橋一水会長と四人の副会長の再選も決まった。
 新年度の会計は歳入が会費一万三千レアル、寄付金五千五百レアルなどで計三万六千七百レアル。歳出は人件費や広告代、事務所のコンドミニオなど小額の項目が十八件含まれた。
 今年はコチア青年移住から五十周年の大きな節目に当たることから、九月に五十周年大会を盛大に挙行することを予定しており、予算案が紹介された。
 案によると歳入は会員の協力金九万レアル、日本からの祝儀十万レアル、ブラジル企業からの協力金一万五千レアルで計二十万五千レアルとなる。
 これに対し歳出は記念事業の柱となるコチア青年の森造成に五万レアルを充てる。内訳としては苗代や肥料代、協力者への謝礼などに二万八千五百レアル、石碑の建立に二万千五百レアル。記念誌製作に六万五千レアル、四百人を招待する記念式典に四万レアルを要する。
 また昨年末の役員会議でも議題の一つとなったコチア青年の森造成場所のサンロッケ市にある国士舘スポーツセンターが文協のINSS問題の抵当となるかどうかについても高橋会長が説明。「抵当になることはないと説明を受けたので大丈夫」と造成には影響がない、とした。
 役員改選では記念事業を控えていることから高橋会長と山下治、杓田美代子、玉腰範義、菱沼利昭の四副会長が再選。
 また正監査役には野村愛国、前田進、川上徳義、補監査役に末次文明、肥後英樹、会計に大崎忠夫、木村麿澄、書記に新留静、井下碩哉の各氏が選出された。
 さらに五十周年を機に連絡協議会の体制を強化しようと新たに地方担当、渉外、スポーツなどにも担当を置くことにした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2018年11月22日 ■今週末の催し  24日(土曜日)  格安マッサージの日、午前8時半、鬼木東洋医学専門学校(Rua Astorga, 1019, Vila Guilhermina)      ◎  夏の蘭展、午前9時、文協ビル文化スペース(Rua Galvão Bueno, 596, […]
  • コチア青年講演会、24日=二世ら座談会、世代継承目的に2018年11月20日 コチア青年講演会、24日=二世ら座談会、世代継承目的に  コチア青年連絡評議会(前田進会長)は、『講演会』を24日午後1時から熟年クラブ連合会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]
  • ■訃報■南雲良治さん2018年11月9日 ■訃報■南雲良治さん  ブラジル新潟県人会の現会長、南雲良治さんが先月30日、肝臓癌のため入院先のサンパウロ市内病院で亡くなった。享年82。  南雲さんは新潟県立加茂農林高等学校を卒業後、コチア青年1次3回として56年に移住。婿養子として結婚し、リンスで珈琲栽培など農業に従事した。60年代 […]
  • コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会2018年10月20日 コチア青年=遠方より友集いて旧交温め=古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会  コチア青年連絡協議会(前田進会長)が主催する「古希・喜寿・傘寿・米寿祝賀会」が14日、サンパウロ市の宮城県人会館で行われ100人余りが集まり、何十年ぶりに再会した友らと語り合った。  最初に先亡者に黙祷を捧げ、前田会長が「今日一日、旧交を温めましょう」と挨拶、来賓の […]
  • コチア青年、合同祝賀会=古希、喜寿、傘寿、米寿祝う2018年10月9日 コチア青年、合同祝賀会=古希、喜寿、傘寿、米寿祝う  コチア青年連絡評議会(前田進会長)は、コチア青年とその家族、賛助会員を対象とした「古希、喜寿、傘寿、米寿の合同祝賀祭」を14日午前10時から、宮城県人会館(Rua Fagundes, […]