ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  「自由」を追及し「世界の圧政を終わらせる」のが、米大統領である私の究極的な目的である。ブッシュ大統領は就任演説で遠大な政治理想を力強く語ったが、具体的な政策については二月の一般教書演説や予算教書まで待たねばなるまい。ライス次期国務長官は、北朝鮮やイラン、ミャンマー、ジンバブエなど六 国を名指しで「圧政の拠点」とし非難したが、大統領の意見もまったく同じと見ていい▼ブッシュ政権は、チェイニー副大統領、ラムズフエルド国防長官など強硬派とされる陣容が軸になり編成されている。イラク戦争もこうした新保守派の考え方から始まったとされるが、二期目のブッシュ政権は外交や内政でも極めて難しい課題を抱えているのは否定できない。内政では過去最大の4100億ドル(約41兆円)という財政赤字がある。大統領は「赤字半減」を公約するが、果たして実現できるかどうか▼外交ではイラクが最大の課題となろう。この30日には国民議会選挙があるし憲法制定や本格政権の樹立と難問が立ち並んでいる。間近に迫った選挙にも反対派がいて妨害するためのテロが横行し犠牲者の数は膨れる一方である。駐留する米軍兵士の死者も留まるところを知らない▼こうした難題と課題をいかに処理するかが問われているのだが財政赤字だけを取り出しても―「赤字半減」は相当に難しい。大胆で大幅な歳出の削減が政策の要となろうが、これをいかに実践するかの遂行能力が試される。内政も外交も難しい歴史的な政権となりそうだ。   (遯)

05/1/25

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2005年9月22日 東西南北 2005年9月22日(木) […]
  • 昨年から訪日就労が再増加=リーマンショック以来初=法務省が統計を発表2016年2月17日 昨年から訪日就労が再増加=リーマンショック以来初=法務省が統計を発表  在日ブラジル人は現在約17万4330人(2015年6月時点、法務省発表)で、32万人を数えた08年の半分近くまで減ってきた。ところが、日本の法務省がサイト上で発表した2015年1月~11月の「出入国管理統計」によると、ブラジル人入国者数は5万9084人で、出国者数を4261人 […]
  • コラム 樹海2009年9月11日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2009年9月11日付け […]
  • 東西南北2020年8月20日 東西南北  ダッタフォーリャの最新調査によると、4月と比べて8月の現在は、新型コロナウイルスの対策として「絶対に外に出ない」としている人が21%から8%、「避けられる場合は外出しないようにしている」が50%から43%に落ちたという。相対的に「気をつけてはいるが、働きには出ないといけない」 […]
  • サーキット場の壁にF1選手=インテルラゴスの芸術家2016年11月12日 サーキット場の壁にF1選手=インテルラゴスの芸術家  漫画家のエンリケ・クリヴェラリさん(49)が、F1の元・現役選手の絵をサンパウロ市南部にあるインテルラゴス・サーキット場の入り口の一つに程近い壁に描いた。サーキット場の近くで生まれ育ったエンリケさんは、世界のモータースポーツ選手に対するオマージュだと語った。  「F1ドライ […]