ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

6月10日(金)

 ブラジルを始めとする四カ国が八日、国連改革修正案を提出した。国連から拒否権抜きの十五年間常任理入りの打診があり、ブラジルは容認の意向を示した。五月提出の改革案は常任理事国の二十五カ国への拡大だったが、八日の修正案は従来の四カ国とさらに二カ国となった。候補の四カ国へ、さらにアフリカから一カ国が追加された。
     ◎
 アルゼンチン遠征でブラジル代表のパレイラ監督の飲み水に、カルリット・テヴェス選手がツバを吐いて飲ませたという噂がある。とかくブラジルにうっ憤を晴らしたい隣国では、悪い冗談を考え出す習慣があるらしい。テレビのお笑い番組でツバを吐いて入れた飲料水を、同じ物かは分からないが、スタジアムで監督がコップに注いで飲むところを放映した。
     ◎
 サンパウロ市西部アグア・ブランカ区で女性が運転する車を狙い、窓ガラスを割ってバッグを強奪していたグループのメンバー一人(19)が七日夜、隣のポンペイア区で逮捕された。被害に遭った車は八台。強盗団は襲撃後、鉄道路線の下の穴に身を潜めていた。
     ◎
 義父が母親を性的に虐待する場面をインターネットで生放送していたことに怒った息子が義父を射殺。遺体を運ぼうとしていた息子と他二人の男が七日夜、サンパウロ市東部サン・マテウス区で逮捕された。三人は遺体をアリカンドゥーヴァ川に捨てるつもりだったと警察はみている。
     ◎
 ヘリポートも備えた超高級ショッピングセンター「Daslu」が八日、サンパウロ市南部ヴィラ・オリンピア区でオープンした。料金三〇レアルの駐車場では、顧客登録に訪れた人々が列をなした。同センターの奥に位置するファベーラの住民は、ある種の不快感を味わいつつも、開店が同地域の整備につながることを期待している。

image_print

こちらの記事もどうぞ