ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日の下院の特別委員会が、下院でのジウマ大統領の罷免審議継続を承認し、17日に運命の投票が行われることも決定的となった。本会議での審議は15日からはじまるが、その前からもジウマ氏は苦難続きだ。アンドラーデ・グチエレス社の元社長が先週、10年と14年のジウマ氏の大統領選への献金は大半が賄賂だったことを暴露した上、11日には親友のフェルナンド・ピメンテル・ミナス・ジェライス州知事が連邦警察から起訴され、続く12日にはラヴァ・ジャット作戦で同じく親友のジム・アルジェロ元上議が逮捕された。投票する下議たちへの印象が悪くなるばかりの情報の連続だが、命運やいかに。
     ◎
 下院の特別委員会での投票が行われた一方、リオでは11日夕方、歌手や俳優たちが大挙して集まり、ジウマ大統領の罷免反対の集会を行った。音頭を取ったのは、音楽界での親PT派代表格であるシコ・ブアルキで、そこにサンバ歌手の大御所のベッチ・カルヴァーリョや人気コメディアンのグレゴリオ・ドゥヴィヴィエールなどが参加したが、そこにはルーラ前大統領もかけつけ、士気をあげていた。この文化人の運動も17日までにかなり過熱しそうだ。
     ◎
 大統領罷免審議は、今週末に行われるサッカー聖州選手権準々決勝にも影響を及ぼしている。イタケロン・スタジアムでのコリンチャンス対レッドブル・ブラジル戦は当初17日午後4時に行われる予定だったが、軍警が危険だと見なし、16日の午後4時20分に変更された。17日は下院での投票日で、全国が緊迫に包まれる見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年3月8日 東西南北  4日のルーラ前大統領のラヴァ・ジャットでの事情聴取は伯国に大きな波紋を投げかけたが、これで勢いづいたのが野党側だ。14年の大統領選2位のアエシオ・ネーヴェス氏は4日の夕方、ツイッターで「この機会を今後の糧にしなければならない」とし、13日に行われる反政府デモに全力を注ぐことを […]
  • 東西南北2015年3月19日 東西南北  ジウマ大統領の支持率が急速に下がる昨今。その大きな要因にもなっているラヴァ・ジャット作戦も現在捜査が進行中で、その展開次第ではジウマ氏の支持率がさらに下がる可能性さえある。そんな矢先、メンサロン事件の主犯として実刑判決を受けた、元ルーラ政権の官房長官ジョゼ・ジルセウ氏が経 […]
  • 東西南北2016年2月13日 東西南北  下院でのジウマ大統領罷免審議はなかなか進展しないが、その一方で、野党側のジウマ政権打倒のもう一つのシナリオである14年大統領選での不正疑惑は進んでいる。ラヴァ・ジャット関連企業からの裏金疑惑は、ジウマ氏の選挙参謀のジョアン・サンターナ氏にも及びそうだが、選挙資金の名を借りた贈 […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]