ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ミナス・ジェライス州市警が24日、グレイシアラ・ベロ・ヴィエイラさん(19)を殺した容疑で、シルレイ・デ・オリヴェイラ・ベンフィカ容疑者(39)ら4人を逮捕した。妊娠9カ月だったグレイシアラさんは19日、知人だった4人のうちの1人に誘われフェスタに行き、大麻を吸った後に薬物入りの飲み物を飲まされ、気分が悪くなった。シルレイ容疑者らはグレイシアラさんを車に乗せ、イトゥイウターバの貯水池まで行くと、グループのひとりの看護師が腹を切って胎児を取り出した。グレイシアラさんはその後に絞殺され、池に放り込まれ、21日に遺体が発見された。シルレイ容疑者は恋人に妊娠したと嘘をついており、自分の子と偽るつもりだった。赤ちゃんは無事だ。
     ◎
 サンパウロ市市長選のキャンペーン真っ只中だが、フェルナンド・ハダジ市長のポスターのロゴが変更された。字体のデザインなどは変わっていないが、左端に労働者党のシンボルの、中に「PT」と書いた赤い星が書き加えられた。この変更はPT側からの強い要請で行われたという。ただでさえ再選に向け苦戦中のハダジ市長だが、「PT」を強調するのはプラスにならないと考えてわざとはずしていたのか。
     ◎
 毎年、気がついたらいつのまにかはじまっているサッカーのブラジル杯16強トーナメント。24日には、サンパウロが本拠地モルンビで、全国選手権3部のジュヴェントゥーデに1―2で敗れる波乱があった。試合はもう1試合あるが苦しい状況だ。全国選手権でもパッとしない今年のサンパウロ。大丈夫か?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月25日 東西南北  大統領候補のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)が23日、誤った情報に基づいて、ジャイール・ボルソナロ氏の副候補で元陸軍将軍のアミウトン・モウロン氏が「軍政時代に拷問を行った兵士だった」との発言を繰り返した。この情報は、歌手のジェラウド・アゼヴェドが「政治犯として逮捕され […]
  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2017年9月22日 東西南北  サンパウロ市南部ブルックリンに、ドリア市政になってからは初の「緑の歩道」がお目見えした。幅1・5メートルの歩行者専用の歩道は、オフィス街としても有名なCPTM9号線ベリーニ駅に向かうジョエル・カルロス・ボルジェス通りに設けられた。同じようなタイプの緑の歩道はハダジ市政の頃、日 […]
  • サンパウロ市=ドリア市政がスタート=市民に謙虚な政治を約束=他党との協調も主張=アウキミンの見守る中2017年1月4日 サンパウロ市=ドリア市政がスタート=市民に謙虚な政治を約束=他党との協調も主張=アウキミンの見守る中  1日、10月の市長選で当選を果たした市長たちの就任式が全国で一斉に行われ、サンパウロ市でもジョアン・ドリア市長(民主社会党・PSDB)が就任の挨拶を行った。2日付伯字紙が報じている。  ドリア市長とマリオ・コーヴァス副市長は、市議会での就任式後、セントロの市立劇場に […]