ホーム | 日系社会ニュース | コカイン密輸=邦人男、以前にも=地元日系社会「またやったか」

コカイン密輸=邦人男、以前にも=地元日系社会「またやったか」

6月17日(金)

 「またやったか」―。サンパウロのグアルーリョス国際空港で十四日、コカイン六・五キロ(欧州での末端価格で約八千七百万円=共同通信調べ)を所持しスペイン・バルセロナ行きの航空機に搭乗したボリビア在住の日本人男性、岡安忠夫容疑者が逮捕された。この事件を知ったボリビア日系連合会関係者は、「彼は十数年前にも同じようなことで捕まっている。またかという感じ」とニッケイ新聞社の取材に対し語った。
 同関係者によると、岡安容疑者は千葉県生まれ。一九五七年、中部サンタクルスから約百キロ離れたサンファン移住地の日系農家に養子として入り、現地の女性と結婚後は、「ラモン・ササゴ」の名で通っていた。サンファンを出て、その隣の現住地サンカルロスに引っ越してからは、日系社会と疎遠だったという。
 また、ブラジルの連邦警察が岡安容疑者は麻薬密売組織に雇われた「運び屋」だったとみていることに対し、同関係者は同国が世界有数のコカイン産地である実情を踏まえ、「彼に限らず、気を許せば日本人であっても麻薬犯罪に手を染めやすい環境にある」と指摘。同国を出国しブラジル経由で日本に麻薬を持ち込もうとして逮捕された日本人がここ十数年間で、「記憶する限り四人はいる」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 少年の部で優勝したニッケイ・クリチーバ2015年3月11日 第7回ヤクルト杯少年・準青年野球大会 Ⅶ TAÇA YAKULT DE BEISEBOL INTERCLUBES INFANTIL E PRÉ JUNIOR心技体ともに向上=少年の部 […]
  • ザラに奴隷労働で有罪判決=労働雇用省の監査で明るみに=不衛生な環境で14時間労働2014年4月18日 ザラに奴隷労働で有罪判決=労働雇用省の監査で明るみに=不衛生な環境で14時間労働 ニッケイ新聞 2014年4月18日  1999年にブラジルに初進出し、〃ブラジル・コスト〃に苦戦して当初の見込みより拡大のペースが遅れているとの報道もある衣料ブランド「ZARA(ザラ)」。当地の空港インフラの悪さや輸入障壁などが弊害となり、当地に配送センターを設置、商品の40% […]
  • ピンドラーマ、2月号2014年2月14日 ピンドラーマ、2月号 ニッケイ新聞 2014年2月14日  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』2月号が発刊された。  ブラジルの美酒「カシャッサ」、ボリビア人街のカーニヴァル、サンパウロBar巡礼、レポート「社会の縮図ロレンジーニョ」など。サッカー、グルメといった毎月のコーナーも掲載。 […]
  • 2013年11月30日 JICA日系継承教育・教師育成=4人が凛々しく開講式に ニッケイ新聞 2013年11月9日 写真=開講式に臨む4人  JICAの日系継承教育・教師育成Ⅰサンパウロコースの開講式が先月22日、ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)で行われた。 […]
  • 【国外のブラジル人覚書】出生、死亡とも日本多し2013年10月1日 【国外のブラジル人覚書】出生、死亡とも日本多し ニッケイ新聞 2013年10月1日  もしサンパウロ市民が外国で子供を産む、あるいは亡くなれば、出生届や死亡届はどこに出すことになるのか——。そんな見出しの短い記事が、9月25日発売のヴェージャ誌サンパウロ版に掲載されている。 […]