ホーム | 日系社会ニュース | アセル再建審議、承認=本部はカンペストレへ

アセル再建審議、承認=本部はカンペストレへ

6月18日(土)

 【ロンドリーナ】アセル(ロンドリーナ文化体育協会、鈴木勇会長)は、去る五月二十二日、同協会カンペストレ(綜合競技場)で臨時総会を開催、今後の運営方針を審議、承認した。新会館は建設する方向だが、今後十分に協議、検討していくことになった。
 協議、決議された主要点はつぎのとおりである。
 (1)アセル本部(事務所)をカンペストレに移転する。従来の本部会館を昨年、プレスビトリアナ教会に売却、六カ月間の猶予滞留期間が五月八日、切れた。事務用具、重要書類、トロフィ、調理道具などはカンペストレの旧アロジャメントに収納、茶室、図書類はロンドリーナ市内のパラナ文化連合会会館に移管した。
 (2)スポーツ施設は分散させず、カンペストレをスポーツセンターとして、利用の活性化をはかる。家族で楽しめるようにする。新設はテニスコート二面、ピンポン場十二メーザ(カラオケ練習場に併用)。
 なお、現在所有しているのは、野球場三面、ソフトボール場七面、フッチボール場一面、パークゴルフ場36ホール、室内ピッチング・バッティング場(15×30メートル)、調理場(14×14メートル)、食堂(20×25メートル)。
 (3)新会館建設場所はカンペストレ入り口付近(現在のパークゴルフ場)。今後、会員の動向、関心、文化部の活用などを考慮して計画をすすめる。資金は、旧会館を購入した教会が支払う十二カ月分を予算に見込んでいる。
 (4)会員会費。個人一人月額十五レアル、家族(二人以上)二十レアル、レミード、七十歳以上は免除(ただし株主であること)。
 (5)維持費。カンペストレに移転したことにより、維持費は従来の三分の一に減少(特に人件費、電気代、水道代、利子支払い)。概算で、会費支払い会員が五百人~六百人で運営が可能になっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ