ホーム | 日系社会ニュース | 移民97周年先没者追悼法要=オザスコ文協でも

移民97周年先没者追悼法要=オザスコ文協でも

6月23日(木)

 オザスコ日伯文化体育協会(平塚修会長)は、十八日午後七時から、同会館で移民九十七周年先没者追悼法要を開催した。
 同市長エミージオ・テレイラ・デ・ソウザ同市市長を始め、平塚会長、高清同会名誉会長が挨拶をした。在サンパウロ日本国総領事館の沖田豊穂日系社会班担当領事、吉岡黎明ブラジル日本文化協会副会長、酒井清一サンパウロ日伯援護協会会長も参加した。また、午前にブラジル日本文協の慰霊法要に参加していた野村アウレーリオサンパウロ市市会議員も会場にかけつけた。
 導師を務めたのは日本の仏教大学に留学経験を持つ深屋ファビアナさん。二世のアルゼンチン日系人だ。会場には約七百人が集まり、それぞれ先没者に対し、感謝の意を表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増2021年6月15日 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は5月27日10時から、リベルダーデ区にある援協本部ビル5階講堂で5月定例役員会を開催した。援協にこれまで尽力してきた堀井文夫氏、毛利連(もうりむらじ)氏、末吉ショウジ・アルマンド氏の3氏が5月中に亡くなり、1分間の黙 […]
  • 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を2020年9月15日 《記者コラム》日本と日系社会が手を合わせて文化普及戦略を  「そうあってほしい」―8月31日に東京で開催された「日本財団グローバル若手日系人調査」記者発表の映像(https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200831-48496.html)を閲覧して、そんな感想がわい […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • GB連合=若手中心執行部が2年目突入=初心者も楽しめる2リーグ制へ=定期総会で新体制作り議論2020年1月21日 GB連合=若手中心執行部が2年目突入=初心者も楽しめる2リーグ制へ=定期総会で新体制作り議論  ブラジルゲートボール連合(UCGB/萩尾勝巳ジュリオ会長)は「第37回定期総会」を12日午前、サンパウロ市のブラジル宮城県人会会館で開催した。若手役員中心の執行部による運営を始めて2年目に突入。新入会員の初心者も楽しめる2リーグ制が今年から本格導入される予定になってお […]
  • 2017年11月29日 沖縄移民110周年が本格始動=実行委員会発足、忘年会も=「有名歌手が来伯するかも」  ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)はサンパウロ市本部で23日午後3時から「沖縄移民110周年実行委員会」設立会議、その後の忘年会には約160人が集まり、政治経済が困難だった今年を無事に乗り越えたことを共に祝った。本紙取材に対し、島袋会長は来年8月に開催される沖縄移民1 […]