ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 「安達先生、このブラジルに移住されては?、将来は先生の幸せにもつながり、人々のお役に立つことになると思いますが、如何ですか」―これは、JICAが老ク連に初めて派遣したシニアボランティア安達正子さんへの礼状の一節である▼レクリエーションを習った、そして一緒に遊んでもらったパウリスタ線の老人クラブの役員がお礼に付け加えたのだ。まことに勝手?とも受け取れる言い分だが、このほど帰国した安達さんはそれほど愛され、人気を獲得したということだ▼帰国前、サンパウロ市の一老人クラブとほほえましい交流があったことも耳に入ってきた。去る老ク連の傘下クラブ代表者会議は、安達さんの送別会を兼ねていた。席上、安達さんは「(人の目もそんなに気にしなくてもいい、また干渉もされないブラジルに来て)私は耳飾り用の孔を開けた」と打ち明け話をした▼それを聞いたあるクラブの代表が、仲間と相談をし、早速ブリンコを求めてきてプレゼントしたというのである。感激極まったという感じであった。若い人たち同士のことではないので、話はよけい楽しい。あけっぴろげで行動できるブラジルが、安達さんがますます好きになったのはいうまでもない▼シニアは、二年足らずの期間に、五十四回老ク連支部の指導を行い、三十九クラブの人たちと会った。「たかがレクレーション指導」ではない。「移住して来て」と請われるほど、一人のシニアと日系高年との縁が深められたのは、珍しく、不思議な出来事であった。(神)

05/6/29

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年5月18日 コラム オーリャ! 2007年5月18日付け  来年百周年を迎えるにあたり、様々な歴史検証の必要性が取り沙汰されている。  ブラジル日本移民史料館は来月、大武和三郎、隈部三郎らに焦点をあて、「笠戸丸以前の渡航者たち」と題し、特別企画展を開く。 […]
  • 毛利律子氏講演会、25日=一緒に「老い」を考える2019年7月23日 毛利律子氏講演会、25日=一緒に「老い」を考える  ブラジル日本女性の会(細井真由美代表)は毛利律子氏による講演会を25日(木)午後1時から、サンパウロ市リベルダーデ区の山形県人会会館(Av. Liberdade, […]
  • エコノミーア2003年10月16日 エコノミーア 10月16日(木) […]
  • メキシコ地震の死者は225人に増加=ブラジル人は2人が負傷とも2017年9月21日 メキシコ地震の死者は225人に増加=ブラジル人は2人が負傷とも  19日、メキシコ中部でマグニチュード7・1の地震が起き、ブラジリア時間の20日午後12時までに225名の死者が出たことが確認されたほか、首都メキシコ・シティなどが非常事態を宣言している。20日付ブラジル国内紙、同サイトが報じている。  地震が発生したのはブラジリア時間の15 […]
  • コラム 樹海2004年2月24日 コラム 樹海 […]