ホーム | 日系社会ニュース | 「兵庫県―神戸=通商再開」=サンパウロ市でセミナー

「兵庫県―神戸=通商再開」=サンパウロ市でセミナー

2005年7月27日(水)

 兵庫県は八月八日午後三時から午後六時まで、サンパウロ市セルケイラ・セザール区ペイショト・ゴミーデ通り707番のブルー・ツリー・タワー・パウリスタで「兵庫県─神戸 通商再開」と題したセミナーを開く。
 今年は、パラナ州─兵庫県の姉妹提携三十五年周年。同県から井戸敏三知事を始め、環境団や市民団体など計百人が来伯する。機械や食品など六社からなる経済代表団も加わっており、セミナー開催が発案された。
 同県は震災から十年経って復興をとげ、それに伴ってビジネス拡大を求める声が高まっている。セミナーでは、井戸知事が講演するほか、企業の紹介などが計画されている。知事、一部企業は参加しないものの、セミナーは十日、クリチーバでも開かれる予定。
 参加企業は、川崎重工、神戸製鉄、シスメックス・コーポレーション、UCC上島コーヒー、MCCフード、アシクス・コーポレーション。入場無料。出席希望者は事前にジェトロサンパウロセンターのサンドラさんまで(電話=11・3141・0788、FAX=11・3253・3351)。

image_print

こちらの記事もどうぞ