ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2005年7月29日(金)

 原油価格の高騰で、ペトロブラス石油公団の現在のガソリン国内価格では三〇%の損失になると石油庁(ANP)が明らかにした。ディーゼル油は二〇%の損失という。共産党出身のリーマ燃料価格基準局長によると、国民の政府を標榜する建前上、ガソリンの値上げに政府が神経を使っているという。ペトロブラスの価格政策で、燃料配給会社イピランガとマンギニョ二社が経営難に陥っている。
     ◎
 ペレイラPT前事務局長が改装会社GDKから高級ジープ、ランドロバーの贈呈を受けたことで同車が一躍有名になり、問い合わせが殺到している。ランドロバー製造会社の旧カルマンギアは、贈呈が汚職に該当するかどうか話題を呼んだケガの功名で喜んでいる。ヴァレーリオ氏の妻も所持していると証言した。これまで知名度の低かった同車は、田舎道のぬかるみに最適という。
     ◎
 軍警は二十七日、聖市南部プラッサ・デ・アルボレ区で二カ月前からモトボーイからオートバイを強奪していたグループのメンバー四人を同市サウージ区で逮捕した。強盗らは赤のパリオ車でモトボーイを尾行し、宅配先で停車したところで銃を突きつけていた。「このバイクは生活の糧だ」と被害者が訴えても「俺の知ったことか」と捨てゼリフを吐き、乗り去ったという。
     ◎
 聖市セー区役所は二十七日、レプブリカ広場付近のポルノ映画館など十一カ所の検査を実施し、うち四カ所を不十分な安全・衛生対策、違法改築を理由に閉鎖処分にした。「映画なんかどうでもよかった」と、簡易宿泊所より快適な映画館を寝ぐらにしていた露天商は即刻追い出され、宿無しに。

image_print

こちらの記事もどうぞ