ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 日本の地方都市では、市役所の事務所内清掃を事務職員が自分たちでやる、市長が公用車の運転手を廃止し自身で運転する、公園の芝生を高齢者グループがボランティアで整備する、など従来と違った状況が見えてきている。なぜか。「おカネを節約する」ためである。中央政府がそうするように、あるいは、そうなるように仕向けたのである▼同様の事態がブラジルでも起きる。ポルトアレグレ総領事館が、今年限りで閉鎖される。日本政府の出先がまったく無くなるわけではなく、在クリチーバ総領事館の別館として出張駐在官事務所が残される▼同総領事館は、一九六〇年に開設され、四十五年の歴史を刻んだ。最後の総領事となった長島浩平氏は十八代目であった。日系人の中心団体、南日伯援護協会が、十七日、長島氏の送別会を開いた。総領事を送り出す行事も最後だった。感無量だろう▼日本人移民は、同館が開く五年ほど前から、リオ・グランデ・ド・スル州内に入植、定着した。入植初期は、孤島に住み着いたかのように身辺がさみしかった。さまざま不自由もあった。誘致運動が実り開館、以来四十五年であった▼長島氏は帰国にあたり、高齢者の福祉、移住地の空洞化、世代交代にともなうアイデンティ問題についてふれ、世代間の連帯・協力を促した。閉鎖といっても、従来どおり、旅券、査証、戸籍、国籍など領事業務は続けられるし、実質的には不自由はない。困難に遭遇したら、自助努力で切り開いていくしかない。(神)

05/12/23

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》市長選=サンパウロ市はコーヴァス対ボウロス=リオ市はパエス対クリヴェラ=18州都は29日に決選投票2020年11月17日 《ブラジル》市長選=サンパウロ市はコーヴァス対ボウロス=リオ市はパエス対クリヴェラ=18州都は29日に決選投票  15日、ブラジル全土で統一地方選が行われ、全国のほとんどの市で市長選、市議会議員選が行われた。サンパウロ市は現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)と急進左派のギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)、リオは元市長のエドゥアルド・パエス氏(民主党 […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月11日 東西南北  米国大統領選が終わり、全国市長選が今度の日曜に迫ったブラジルでは、早くも再来年の大統領選を意識した動きが表面化し始めている。一例はともに世論調査での支持率が高いルシアノ・フッキ氏とセルジオ・モロ氏で、クリチーバで二人が会合を行ったという一報が世間を賑わせている。二人とも知名度 […]
  • 《ブラジル》州都の市長選で大統領が“疫病神”に=推薦候補が軒並み大苦戦=サンパウロ市やリオでは首位と差開く2020年11月4日 《ブラジル》州都の市長選で大統領が“疫病神”に=推薦候補が軒並み大苦戦=サンパウロ市やリオでは首位と差開く  15日に行われる全国市長選に関し、ボルソナロ大統領が推薦、もしくは同大統領との結びつきをアピールする州都の候補者たちが軒並み苦戦していると、10月31日付エスタード紙電子版が報じている。  投票日まで2週間を切ったのに、ボルソナロ大統領と何らかの結びつきのある州都の […]
  • 東西南北2020年10月29日 東西南北  19年6月にサンパウロ市で、子役としてデビューし、人気だった俳優のラファエル・ミゲル(享年23)とその両親を射殺して逃走中のパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者(50)が、今年の7月にパラナ州で身分証明書を偽造していた事実が27日に発覚した。偽造した場所はパラナ州州都クリチー […]