樹海

 フリージャーナリストの外山脩さんから先日、「1960年代中頃に来てサンパウロ新聞で記者を始めた時、『あと10年で邦字紙は無くなる』とみんなから言われ、10年働いて辞めた。ところが、それから50年経った今も二紙が続いているじゃないか。コロニア七不思議の一つだ」と言われた▼思えばコラム子がパ紙で働き始めた92年にも同じようなことを言われた。その頃から実際に亜国で一紙、米国サンフランシスコで二紙が休刊となった。今世紀に入った頃も大方の人は「良く続いて百周年まで」と予測をしていた。でも08年から6年が過ぎた今も続いている▼邦字紙存続に謎はない。読者の皆さんが長生きして読み続けてくれているからだ。一定数の購読者がいる限りは続くし、それを割れば存続は難しい。日本語書店しかり、一世に依存した団体はみな一緒だ。多くの県人会もそうだろう。いわば運命共同体だ▼もう一つ外山さんに言われた言葉で考えさせられたのは、「『すぐに無くなる』と言われた邦字紙が生き残ったのに、誰もが絶対に続くと思ったコチア、南伯、南銀はなくなった。これこそが本当に謎だ。この上、邦字紙まで無くなればコロニア自体が無くなるに違いない」というものだった▼邦字紙があるからポ語が不得意でもブラジル情勢を理解し、昔の知り合いの近況を知り、日系社会の話題を共有でき、友人らと「同じ時代を生きている」「同じコミュニティに属している」というコロニア感覚が生まれる。外山さんが言う通り、紙面が無くなった瞬間にバラバラになってしまうかも…▼後世に残すべきニュースを求めて今日も記者は飛び回っている。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]