ホーム | コラム | 樹海 | たとえ罷免を逃れえても

たとえ罷免を逃れえても

 大統領罷免への動きが加速する中、進歩党(PP)が「ミスター汚職」ことパウロ・マルフ下議除籍に動き出した。同下議の追放を要請したのはシロ・ノゲイラ党首で、保健相や連邦貯蓄銀行総裁の座と引き換えに連立慰留を乞われたPPを同氏が強い口調で批判した事などが原因だ▼聖市長時代のマルフ氏は「盗むけれど仕事もする」と言われ、公共工事で得た賄賂を米国の銀行に預けていたとして、国際警察の指名手配者にもなっていた。だが、12日には約1カ月前に手配者名簿から名前が消されたと報じられ、その前日の下院特別委員会では罷免審議継続に賛成票を投じた。賛成票を投じると公表した7日には「政府が大臣職などでPP議員を買収するなら、自分は自由だ」と発言、翻訳面担当者らは「これが彼なりの倫理観か」と感心もした▼だが、罷免阻止のための連邦政府のなりふり構わぬやり方は目に余る。初回当選だが、国家干害対策工事局長官に指名されたPPのジョゼ・マリア・マセド・ジュニオル下議は、同局管轄のフランシスコ川での疎水工事で資材を提供している企業の社長だ。彼の1票を得るために10億レ以上の予算を持つ局の長に据えたという事実は、労働者党政権での役職急増は票獲得のためという図式をそのまま表す▼メンサロンやペトロロンはどちらも、議会運営を円滑にするための賄賂の応酬だった事が明確になった後も繰り返される票の売買。粉飾会計で財政責任法が問えなくても、票獲得のために億単位の役職提供とあれば、違法性は明白だ。あのPPさえ連立離脱を表明した今、与野党との橋渡しが出来ないジウマ氏には組閣や国の統治は不可能だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「軍政は共産主義から国を救った」と言うけれど2019年4月5日 「軍政は共産主義から国を救った」と言うけれど  先日、3月31日は伯国で軍事クーデターが発生して55周年にあたったが、それをめぐりボウソナロ大統領が「その日を祝おう」として国内の世論が大きく揺れた▼結局、この日に、元から乗り気でなかった軍がどういう行事を行なったのかはよくわからないし、国民一般でも頻繁に見かけたのは […]
  • 無意識の内に殺傷事故に繋がる怖さ2019年4月4日 無意識の内に殺傷事故に繋がる怖さ  浜辺に打ち上げられた鯨の死体の胃の中から20数キロのプラスチックごみが出てきたとの報道を、TVで見た▼プラスチックごみは世界的な問題で、プラスチック製のストローなどの使用を制限する国や自治体も増えている。世界的な動物愛護の非政府団体が調査したところ、海洋のプラスチックごみの1 […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く2019年3月28日 シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く  16年11月末に起きた、サンタカタリーナのサッカーチーム、シャペコエンセの選手や監督などを乗せた航空機墜落事故の生存者で、ジャーナリストのラファエル・ヘンゼル氏(45)が、26日夜に突然亡くなった▼航空機事故が起きる確立は低いが、全員死亡という例も少なくない。一部リー […]