ホーム | 日系社会ニュース | 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る

日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る

2005年12月24日(土)

 山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。
 同映画のロケで〇二年に初来伯、以来今回で六回目という。
 昨年三月に放送開始したレコルジ局の連続TVドラマ「メタモルフォーゼス」のでも主要登場人物である「三船」と「兄貴」という双子役も一人でこなした経歴を持つ。ドラマ収録のため、約半年滞在した。
 今回は山崎監督を基点に、ブラジルの映画や演劇に関する研修を約八十日間行う。「なんとかしてもっと日本とブラジルを交流させたい、特に若者を」と力を込める。
 「サンバ、サッカーはもちろん、さらに刺激しあえる関係になれると思う」。
 来伯早々、さっそく演劇をみにいった。「やっぱり日本と同じニオイがする。ぜったい共通項がある。国籍、文化を超えて見ている人の心を動かす何かができるはず」と確信。
 〇八年に向け、独自のプロジェクトを企画したいとの意欲を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ