ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 今年はサントス・ドゥモン(1873―1932)による世界初飛行から百周年だ。リオの裕福な家庭に生まれたドゥモンは、成人後にフランスへ移住。そこで一九〇六年十月二十三日、カンポ・バガテリの丘で、先尾翼の動力機14―bis号を衆人環視のなか約六十メートル飛ばし、ブラジルと欧州で〃飛行機の父〃と呼ばれる。日本では一般的に、米国のライト兄弟の方が有名だが…▼先年の「フランスにおけるブラジル年」でも、両国をつなぐ掛け橋的存在として大きく扱われた。リオ国内線空港の名前としても有名だ。最近では、五千六百七十万ドルの巨費を投じた独エアバス製大統領専用機(別名「Aero Lula」)の正式名称にもなった。その他、伯空軍が民間人にだす最高勲章名にもなり、あの小野田寛郎さんが〇四年に受勲▼ドゥモンのトレードマークは襟の高いハイカラーシャツで、飛行船でとる昼食にシャンパンを欠かさない伊達男といわれた。当時彼は懐中時計を愛用していたが、操縦中は見られない。それを知った友人の宝石職人ルイ・カルティエは、世界初となる革バンド付き「腕時計」を開発しプレゼント。それがカルティエの名品「サントス」の由縁に▼ライト兄弟の兄ウイルバーから「オウム(=ブラジルの象徴)はよくしゃべるけど、飛ぶのはあまり上手くないよね」といわれたのに対し、「ボクの母国じゃ、オウムは空高く良く飛んでたもんだ」と反論したとか。晩年、自分が発明した飛行機が戦争で爆弾を投下していると心を病み、一九三二年に自殺。華々しくも物悲しい生涯だった。 (深)

06/01/05

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2005年12月24日 コラム 樹海 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 総領事館休館2005年12月24日 総領事館休館 2005年12月24日(土)  在サンパウロ日本国総領事館は今月二十九日から一月二日まで年末休暇のため閉館する。期間中の電話番号は通常と同じ。(11)3254・0100 […]