ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2006年1月10日(火)

 ラテンアメリカ・セプシス協会が八日、ブラジルは敗血症(セプチセミア)による死亡率が五六%と世界で最も高いと発表した。体内全域に腫瘍ができブラジルで年間、四十万人が死亡している。その原因と治療法は、まだ解明されていない。院内感染や肺炎から腫瘍になる場合もある。症状は常に熱っぽく思考力が低下、血圧は低く心臓の鼓動や脈拍が早く尿が少ない。手遅れになると合併症を併発、多臓器腫瘍に転化する。
     ◎
 米国でブラジル製の痩せる錠剤「ブラジリアン・ダイエット・ピル」が問題になっている。同錠剤は国家衛生局(ANVISA)の輸出許可を得たが、米衛生局は薬草から採取した精神安定剤アンフェタミンが含まれ、服用者は食欲が減退、血液の糖分が増え糖尿病を発病するという。ブラジルでは、インターネットで販売しているらしい。米国では血液からアンフェタミンが検出されると、解雇されることがある。
     ◎
 国道が保全不備のため笑いが止まらないのは、チューブのパンク貼りのようだ。ここ二か月でパンク修繕の仕事が、七〇%増えたという。以前のパンクは釘を踏んだものが多かったが、現在はタイヤが破けたため、チューブも破損したものが多い。国道の保全は長期に放置されたため、応急措置的なものでは間に合わず、アスファルトの層をスッポリ被せる必要がある。道路の応急措置を現地では、腐った肉を味付けするという。
     ◎
 勝組が臭い飯を食べた御馴染みのアンシエッタ島の刑務所跡が、州立ウバトゥーバ公園に指定され観光名所となっている。毎日二千四百人の観光客を迎え、多い日は三千人に達する。イーリャ・ベーラ市は環境保全のため、観光客を一日当たり一千二十人に制限した。同島には珍しい貝殻や多数の蘭、アナナス科の草花が自然棲息し、収集家の乱獲が激しい。
年間八万人の観光客が訪れ、各々記念に何かを引き抜いていくなら、たちまち同島は丸坊主になると市は心配している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]