ホーム | 日系社会ニュース | 56年2月6日サントス着港――=渡航50周年記念同船者会を=世話人ら=「孫連れて集まろう」

56年2月6日サントス着港――=渡航50周年記念同船者会を=世話人ら=「孫連れて集まろう」

2006年1月13日(金)

 一九五六年二月六日にサントス港に着港した、オランダ船チチャレンガ号の同船者会が二月五日午前十時から、マイリポラン市の別荘「グランジャ・イッペー」で開かれる。渡伯五十周年を記念して企画された。十日午前に来社した世話人の板谷正一さん、河村武夫さんらは「一人でもたくさんの人と再会して、思い出話に花を咲かせたい」と多くの来場を呼びかけている。
 同号の同船者数は約七百人。横浜、神戸、沖縄で船に乗り込んだ。沖縄からはボリビア移民が目立ったという。
 西回り航路(大西洋周り)で五十三日~五十四日の船内生活を共に過ごした。香港、シンガポールなどに寄港。各港で下船して市内観光も楽しんだ。画家の中嶋岩雄さんは「香港でマージャン牌を買ったのが、心に残っています」と懐かしむ。
 船内ではほかの移民船同様に、赤道祭や運動会を企画した。西本願寺の僧侶が中心になって、幼稚園も行った。「船内生活が終わりに近づくころ、船側の主催で家長を集めての食事会が催され、豪華な料理が振舞われたんですよ」と板谷さんら。
 着伯後、散り散りになり、渡伯二十五周年の時に初めて、同船者会を開いた。出席したのは、約七百人のうち約三十人に留まった。レストランで開いたこともあり、時間に追われて再会をゆっくり喜ぶ余裕もなかったという。
 五十周年の今年は会場をサンパウロ市近郊の別荘に移し、積もる話しに花を咲かせたい考えだが、多くの連絡先が分からないのが実状だ。三人は「別荘内には、テニスコートやプールなどがあります。子供や孫を連れてきてほしい」と話している。
 問い合わせ先は、11・5058・0170(板谷)、6743・8077/6748・5805/6748・1800(河村)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]