ホーム | 日系社会ニュース | 「共生」テーマにセミナー=日本から長谷川さんが参加=ビエンナーレ

「共生」テーマにセミナー=日本から長谷川さんが参加=ビエンナーレ

2006年8月4日付け

 「第二十七回サンパウロ・ビエンナーレ」が十月から開催されるにあたり、現在、今年の総合テーマ「どのように共生するか‐How to live together」に関するセミナーが開催されている。その第四弾として四、五両日にビエンナーレ館ホールで開かれるセミナー「共生‐Collective Life」に、日本から東京都現代美術館事業企画課長の長谷川祐子氏が参加する。
 サンパウロ・ビエンナーレは十月七日からビエンナーレ館で開催。今回はこれまでの国別参加方式を廃して、キュレーターチームにより作品が選出されることになったほか、展覧会の前に十人の作家をブラジルに招いて作品製作を依頼する企画「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム」も実施される。
 長谷川さんは東京芸術大学大学院美術研究科修士課程を終了後、金沢二十一世紀美術館学芸課長などを経て、今年四月から現在の役職を務める。キュレイターとして国内外で多くの展覧会を手がけている。
 当日は自身が過去に携わってきたプロジェクトを軸にセミナーを展開。金沢二十一世紀美術館設立の企画に関わった経験などについても講演する予定。
 セミナーの入場料は五十二レアル(学生二十七レアル)。申し込みは11・5576・7600(内線7678、ガブリエラさん)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2003年5月15日 高齢者福祉 各国日系共同体の実状(2)=米国・サンフランシスコ=住みにくくないが高額な費用=言葉や食事も問題 5月15日(木)  サンフランシスコ・ダウンタウンから地下鉄で約三十分南東へ行くとヘイワード駅がある。そこから車で約五分の共同介護住宅「サイプレスハウス」を訪れた。この施設は日本でも話題になっている米国版グループホームである。現在の入居者は十二人で、十二人のスタッフが […]
  • 2006年10月7日 「共生」をテーマに=7日からビエンナーレ=日本からも3人が参加=サンパウロ市 2006年10月7日付け  第二十七回サンパウロ国際ビエンナーレ(主催・サンパウロ・ビエンナーレ財団)が七日から、サンパウロ市イビラプエラ公園内のビエナル館(Pavilhao da Bienal・Ciccillo […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]