ホーム | コラム | 樹海 | ◇コラム 樹海

◇コラム 樹海

 さきにアラサツーバで行われた全伯相撲選手権大会、南米選手権大会の〃台所事情〃をきいた。主催者も参加チームも資金繰りに苦労している▼今大会は、四カ国、十五チーム、選手二百五十人参加、日本の高校選手団特別参加、と数字の上では結果を残した。ブラジルの、そして南米の「相撲の火(あかり)」は、まだまだ消えていない、と意を強くした▼特に、日系選手が非日系選手の「層」に押されて奮わない現状においても、指導者たちは相撲振興のために尽くしている。これは、火を消すまいとする情熱がなければできることではない▼アルゼンチンの非日系選手団は航空機で来伯した。パラグァイ選手団はバスでサンパウロまで来てから大会会場入りした。四十時間あまりバスに揺られ続け試合に臨んだ。パラー選手団は二万数千レアルも旅費にかけた。選手や役員の個人負担は大きかった。リオ・グランデ・ド・スル選手団にしても同様だろう▼費用削減の努力は、細かい部分までおよぶ。ある参加チームは、大会主管団体に対し、参加選手減少分の食費を差し引くよう申し入れをした。これは、事前の連絡がないと断られた。申入れを受けた側も台所事情はきびしく、ぎりぎりまで出費を抑えているのであろう。また、日本選手団の居る前で経費面の〃論争〃もあった。なくもがなだった▼今度、世界大会出場権を得た選手を持つチームは、その遠征費を調達しなければならない。「エラいことだ」と言いながら、また頑張る。(神)

2006/08/04

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか2018年4月10日 明治のどの部分からブラジル移住は始まったか  「明治維新150周年」が日本で盛大に祝われようとしている。明治のどんな部分からブラジル移民が始まったのかを解き明かしたいコラム子にとっては、少々関心がある行事だ。  というのも「なぜ日本で殖民事業を開始した榎本武揚や“ブラジルの吉田松陰”大武和三郎は旧幕臣で、水野龍 […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]
  • 日系人に関する不思議な統計数値2015年7月22日 日系人に関する不思議な統計数値  日系人に関する統計には時々、不思議なものが現れる。たとえば6月29日付エスタード紙の「聖市の某公立校には世界の方言がある」記事には、聖州全体の州立校の生徒400万人中、8千人が95カ国からの外国人だとある […]
  • 樹海2015年7月11日 樹海  広島の原爆ドームは、戦争の悲惨さを伝える平和の象徴として、世界中に知られている。日本三景の一つ、厳島神社も有名だが、広島といえばやはり市内にそびえたつあの威容が誰のイメージにも真っ先に来る。しかし戦後まもなくは、市民感情的にも取り壊しを求める声も多かったようだ。当然のこと […]
  • コラム 樹海2012年8月8日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年8月8日付け […]