ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2006年8月8日付け

 スポーツ報知によれば、また日系を主人公にした映画が日本で製作される。前回は日系ブラジル二世を主人公にした小説『ワイルド・ソウル』の映画化だったが、今度はアメリカ犯罪史上に残る日系マフィア、ケン・エトー(享年八十四歳)の波乱の一生を描くドキュメンタリーだという。「東京ジョー」の異名をとり、賭博家業に明け暮れたあたり、どことなく笠戸丸移民で〃天才ばくち師〃といわれたイッパチ(儀保蒲太)を髣髴とさせる。少々違うのは、マフィアの裏切りで、至近距離から後頭部に銃弾三発を受けながら一命をとりとめるなどの奇跡的実話の数々か。来年に公開予定。
     ◎
 二十八回目を迎えたカルモ桜祭り。実はこの回数は、桜の苗を植えた年から数えたものだそう。最初は食事を持ち寄り、演芸会などを催したという。ヒマラヤ、雪割と年ごとに桜の種類も増え、現在園内の桜は約千五百本。毎年五十本を新たに植えている。地元文協で作る植樹委員会は全てボランティアだ。年に一度の祭りの純益で、肥料や消毒、剪定など一年の費用をまかなう。今では聖市の風物詩となった桜の樹。そこに、故人を含めた多くの「桜守」の物言わぬ努力があることはもっと知られていい。
     ◎
 聖州イビウナ市にある野球アカデミーには現在、十四歳から十八歳までの約五十人が入寮している。全寮制。創設当初はほとんどが日系だったが、今は非日系と同じ割合になっているという。コロニア野球の風景も移り変わる。とはいえ、アカデミーの基本精神「しつけ」と「礼儀」は変わらない。日系と非日系にかかわらず「お願いします!」と必ず言うのが基本だとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]